トピックス
<旅行業界・メディアの方向け>
マカオ観光局主催セミナーやワークショップなどの情報のご案内です。
おうち時間で楽しめるコンテンツを各SNSで配信中

全世界が新型コロナウィルスの感染拡大防止に向けて取り組んでいる中、引き続きマカオでも最善の防疫対策が講じられております。49日以来新規感染者ゼロを50日以上維持し、最後の入院患者も退院しました。完全な封じ込めに成功しており、世界中の感染拡大が終息した暁には、いち早く皆様を迎える態勢を進めつつあります

今はまだ海外からの旅行者の入境規制が緩和されていませんが、この度マカオ政府観光局
SNSを通して、新たな学び・発見となるような、また自由に旅行をできるようになって訪れるマカオを一層深くお楽しみいただけるためのコンテンツを、皆様にお届けします。

・マカオ料理レシピ動画

・マカオパズル(マカオの観光スポットがパズルに!初・中・上級編)

・「♯また行こマカオ」で旅の想い出シェア&紹介

・新着マカオ現地からの写真

・おうちでマカオ旅気分になれる動画配信

・マカオを紹介した本・雑誌

・マカオがロケ地の映画 etc

Facebook: https://www.facebook.com/macaotourism.jp/

Twitter: https://twitter.com/macaotourism_jp

Instagram: https://www.instagram.com/macao_japan/

YouTubehttps://www.youtube.com/channel/UCPskhiFo0lqmIIbs1HmrMcQ

width=150width=150width=100width=100

2020年05月マカオ入境規制について(5月8日現在)

20202月から施行されている「新型コロナウイルス感染症防疫期間における旅行者へのマカオ入境規制」について、2020325日より下記の措置が取られています。

海外からマカオを訪れる渡航者:マカオ入境を禁止します。

中国本土、香港、および台湾からマカオに入境する渡航者:

・過去14日以内に海外を訪れたことがある場合は入境禁止
・過去14日以内に香港および台湾を訪れたことがある場合は入境後14日間の医学観察の対象
・過去14日以内に海外、および香港・台湾訪問歴がなく、新型コロナウイルスの感染が多く確認されている地域からマカオを訪れる場合は、入境後68時間の医学検査の対象

(対象地域:広東省・河南省・浙江省・北京・上海)

湖北省からマカオを訪れる場合、または入境前14日以内に湖北省を訪れたことがある渡航者については、コロナウイルス陰性であることを証明する診断書の提出が義務付けられています。

※5
8日から、港珠澳大橋のシャトルバスは減便体制で運行を再開。マカオ〜香港・深圳を結ぶフェリーは引き続き運休中です。

2020年03月【更新】マカオ入境規制について (2020年3月12日)

202022日から施行されている「新型コロナウイルス感染症防疫期間における旅行者へのマカオ入境規制」について、本日312日(木)より過去14日以内にノルウェーを訪れた渡航者が医学検査の対象に加わりました。

312日現在、「新型コロナウイルス感染症防疫期間における旅行者へのマカオ入境規制」対象地域は下記の通りです。

【検査対象】

「マカオ・フォーラム(澳門綜藝館)」または「タイパ・ フェリーターミナル」にて検査後、陰性と判定されればそのまま入境許可

広東省、河南省、浙江省、湖南省、安徽省、江西省、重慶 山東省、四川省、黒竜江省、北京、上海、ノルウェー

【医学観察対象】

指定施設にて14日間の医学観察

韓国・イタリア・イラン・日本・ドイツ・フランス・スペイン

これらの医学検査および医学観察を拒否した場合には、強制的に隔離措置がとられます。さらに法律に基づき罰せられることがあります。

2020年03月【重要】マカオ 入境規制について (3月9日更新)

2020220日から施行されている「コロナウイルス感染症防疫期間における旅行者へのマカオ入境規制」について、3月8日正午以降、過去14日以内に日本、ドイツ、フランス、スペインを訪れた渡航者は、衛生局の指示によりマカオ政府指定の施設にて医学検査を受けることとなりました。

更に3月10日正午以降は、検疫レベルが引き上げられ、マカオ政府指定の隔離施設にて14日間の医学観察を受けることとなります。観察期間中にかかる指定施設(ホテル)での検疫費用等は旅行者負担となります。

指定の検査および医学観察を拒否した場合には強制的に隔離措置がとられ、法律に基づき罰せられることがあります。

2020年02月感染症防疫期間における旅行者のマカオ入境規制について(2020年2月29日更新)

229日正午より、過去14日以内にイラン及びイタリアを訪れたことのある渡航者は、衛生局の指示により指定の施設(ホテル)にて14日間の医学観察を受けることとなりました。観察期間中にかかる指定施設での検疫費用等は渡航者負担となります。229日現在、「感染症防疫期間における旅行者へのマカオ入境規制」の対象地域は下記の通りです。

【検査対象】
「マカオ工會聯合總會工人體育場」または「タイパ・フェリーターミナル」にて検査後、陰性と判断されれば入境可能
広東省、河南省、浙江省、湖南省、安徽省、江西省、重慶、山東省、四川省、黒竜江省、北京、上海

医学観察対象
指定施設にて14日間の医学観察
韓国、イラン、イタリア

ログイン

無料 ユーザー登録をおすすめします
ユーザー登録は旅行会社・メディア関係の方のみ登録できます。一般の方はユーザー登録できませんのでご了承ください。登録後、フォトライブラリーがご利用いただけます。
ログインパスワードをお忘れの場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。ご登録のメールアドレス宛にパスワードを再発行いたします。