マカオ通信
マカオ通信 2019年12月号

マカオ国際空港、搭乗手続き方法が変更

チェックイン締切は60分前、自撮り棒の持込禁止

 マカオ国際空港は8月にチェックイン締切時刻が出発時間の60分前までに変更となったのに続き、9月23日からは搭乗手続きの手順が変更されている。

 新たなチェックインプロセスは、チェックインカウンターにて搭乗手続きを行った後、自身で預け入れ手荷物を持ってカウンター横のX線検査場に移動する。X線検査へ荷物を預けたら、カメラモニターのあるエリアで待機。モニターにて預け入れ荷物が流れていくことを確認し、モニターの隣りにある要検査スクリーンに名前が表示されなければそのまま搭乗手続き完了となる。

 もし、スクリーンに名前が表示された場合は近くの空港職員に申告し、検査室に移動という流れとなる。

 このほか長さ30cm以上の自撮り棒や一脚、三脚などの写真撮影用品が新たに「鈍器」の範疇に追加されており、機内持込ができなくなっている。また、ライターとマッチも制限エリアおよび航空機内への持込が不可となっており、預け入れ荷物の中に含むこともできない。
 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2019年12月号 》ページ#6 》記事#7
2019年12月号 PDFダウンロード2019年12月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2019年12月号index
マカオ政観、2020年「モノ・マカオツアー」を促進マカオ政観、トラベルマートとセミナー開催田川JATA会長「20年経てマカオは節目の年」
マカオに新規IR、ホテルがオープンマカオ特別行政区成立20周年、各地で祝賀行事マカオ日本人渡航者数、10月は35%減に
[特集] 旅行会社インタビュー / ハタチの一歩 マカオ研修旅行レポート
マカオLRT、第1期コタイ・タイパ地区が開通チームラボ新ミュージアムが来年2月オープンマカオ・グランプリ博物館が改装オープン長崎居留地男声合唱団がマカオを訪問第4回「マカオ国際映画祭」が華やかに開催マカオ航空、関西-マカオ線がダブルデイリー化マカオ国際空港、搭乗手続き方法が変更壮大な天正絵巻、マカオから始まる物語メディアチェック 録れたてマカオ
[イベント&祝祭日] 2019年12~20年2月
日本からマカオへの渡航者数
2018年 2019年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月27,55430,57811.057.0
2月19,92121,7719.353.1
3月34,19436,6367.153.3
4月21,77227,17924.867.0
5月29,86433,75313.059.1
6月24,88625,1511.163.3
7月20,43821,2544.063.4
8月20,26925,171-14.062.8
9月24,89220,983-15.770.5
10月25,58316,667-34.970.3
11月34,546   
12月32,879   
合計316,798259,1430.3 
12~2月の天気概況
12月は湿度が低く、晴れる日が多い。1月から2月は比較的寒いが天気の良い日が多い。服装はウールや厚手のジャケットまたはコートの着用がおすすめ。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2019年12月号2019年10月号2019年06月号2019年03月号