マカオ通信
マカオ通信 2019年12月号

長崎居留地男声合唱団がマカオを訪問

コタイ地区のIRで歌唱、学生コーラスグループとも交流

長崎居留地男声合唱団がマカオを訪問
コロアン地区で行った歌唱パフォーマンスの模様
 長崎県で活動する音楽グループである長崎居留地男声合唱団が11月にマカオを訪問し、コタイ地区のIRで歌唱パフォーマンスを披露したほか、マカオ大学の学生コーラスメンバーとの交流を行った。

 長崎居留地男声合唱団は長崎外国人居留地を舞台に活動する男声合唱団で2007年秋に結成。「音楽を通したまちづくり」を目的に長崎県内のイベントなどでパフォーマンスを行っている。

 今回は音楽を通じた国際交流の一環として同合唱団の選抜メンバーがマカオを訪問。11月12日にはギャラクシーマカオ内にあるJWマリオット・ホテル・マカオのロビーで歌唱パフォーマンスを披露。同イベントにはマカオ政府観光局のマリア・エレナ・デ・セナ・フェルナンデス局長も出席。ホテルの宿泊客とともにパフォーマンスを楽しんだ。このほか、コロアン地区でも歌唱パフォーマンスを行った。

 さらに、マカオ大学の学生コーラスメンバーとも交流を行った。学生たちとは、日本語の歌をともに合唱するなどさまざまな触れ合いを行ったという。
 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2019年12月号 》ページ#6 》記事#4
2019年12月号 PDFダウンロード2019年12月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2019年12月号index
マカオ政観、2020年「モノ・マカオツアー」を促進マカオ政観、トラベルマートとセミナー開催田川JATA会長「20年経てマカオは節目の年」
マカオに新規IR、ホテルがオープンマカオ特別行政区成立20周年、各地で祝賀行事マカオ日本人渡航者数、10月は35%減に
[特集] 旅行会社インタビュー / ハタチの一歩 マカオ研修旅行レポート
マカオLRT、第1期コタイ・タイパ地区が開通チームラボ新ミュージアムが来年2月オープンマカオ・グランプリ博物館が改装オープン長崎居留地男声合唱団がマカオを訪問第4回「マカオ国際映画祭」が華やかに開催マカオ航空、関西-マカオ線がダブルデイリー化マカオ国際空港、搭乗手続き方法が変更壮大な天正絵巻、マカオから始まる物語メディアチェック 録れたてマカオ
[イベント&祝祭日] 2019年12~20年2月
日本からマカオへの渡航者数
2018年 2019年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月27,55430,57811.057.0
2月19,92121,7719.353.1
3月34,19436,6367.153.3
4月21,77227,17924.867.0
5月29,86433,75313.059.1
6月24,88625,1511.163.3
7月20,43821,2544.063.4
8月20,26925,171-14.062.8
9月24,89220,983-15.770.5
10月25,58316,667-34.970.3
11月34,546   
12月32,879   
合計316,798259,1430.3 
12~2月の天気概況
12月は湿度が低く、晴れる日が多い。1月から2月は比較的寒いが天気の良い日が多い。服装はウールや厚手のジャケットまたはコートの着用がおすすめ。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2019年12月号2019年10月号2019年06月号2019年03月号