マカオ通信
マカオ通信 2019年12月号

マカオLRT、第1期コタイ・タイパ地区が開通

フェリー・空港・IRなど結び、旅行が便利に

マカオLRT、第1期コタイ・タイパ地区が開通
コタイ地区のIR群を走る開通したマカオLRT
 マカオに建設中の新交通システム、モノレールのLRT(Light Rail Transit)が、12月10日から営業運転を開始した。12月20日のマカオ特別行政区政府設立20周年の前に開通し、マカオでは新たな公共交通システムとして注目されている。

 LRTの全路線は、マカオ半島地区とコタイ・タイパ地区に分かれる。今回、開通する第1期工事分はコタイ・タイパ地区で、タイパ・フェリーターミナルを起点に、マカオ国際空港、コタイ主要IRなどに停車する。第1期区間は11駅、9.3km。

 LRTの運行時間は月曜日から木曜日は午前6時30分から午後11時15分、金曜日から日曜日と祝日は午前6時30分から午後11時59分までで、タイパ・コタイの宿泊客はマカオ空港間のアクセスが便利になる。

 LRTは今後、マカオ半島地区、港珠澳大橋、さらに中国本土とのボーダーゲートまで拡張される予定で、マカオでは、港珠澳大橋の開通に続き、利便性の高い交通手段として日本人旅行の利用が期待される。
 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2019年12月号 》ページ#6 》記事#1
2019年12月号 PDFダウンロード2019年12月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2019年12月号index
マカオ政観、2020年「モノ・マカオツアー」を促進マカオ政観、トラベルマートとセミナー開催田川JATA会長「20年経てマカオは節目の年」
マカオに新規IR、ホテルがオープンマカオ特別行政区成立20周年、各地で祝賀行事マカオ日本人渡航者数、10月は35%減に
[特集] 旅行会社インタビュー / ハタチの一歩 マカオ研修旅行レポート
マカオLRT、第1期コタイ・タイパ地区が開通チームラボ新ミュージアムが来年2月オープンマカオ・グランプリ博物館が改装オープン長崎居留地男声合唱団がマカオを訪問第4回「マカオ国際映画祭」が華やかに開催マカオ航空、関西-マカオ線がダブルデイリー化マカオ国際空港、搭乗手続き方法が変更壮大な天正絵巻、マカオから始まる物語メディアチェック 録れたてマカオ
[イベント&祝祭日] 2019年12~20年2月
日本からマカオへの渡航者数
2018年 2019年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月27,55430,57811.057.0
2月19,92121,7719.353.1
3月34,19436,6367.153.3
4月21,77227,17924.867.0
5月29,86433,75313.059.1
6月24,88625,1511.163.3
7月20,43821,2544.063.4
8月20,26925,171-14.062.8
9月24,89220,983-15.770.5
10月25,58316,667-34.970.3
11月34,546   
12月32,879   
合計316,798259,1430.3 
12~2月の天気概況
12月は湿度が低く、晴れる日が多い。1月から2月は比較的寒いが天気の良い日が多い。服装はウールや厚手のジャケットまたはコートの着用がおすすめ。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2019年12月号2019年10月号2019年06月号2019年03月号