マカオ通信
マカオ通信 2019年12月号

マカオ特別行政区成立20周年、各地で祝賀行事

マカオと珠海、世界最大級の合同花火ショー開催

マカオ特別行政区成立20周年、各地で祝賀行事
マカオと珠海が合同で世界最大規模の花火ショー開催
 マカオは12月20日にマカオ特別行政区成立20周年を迎え、聖ポール天主堂跡など各地で盛大な式典が開催される。既に12月からマカオ・ライト・フェスティバルが始まり、大晦日にはカウントダウンの花火も上がり、マカオの街が華やかさに包まれる。そして、マカオ特別行政区政府と珠海市人民政府は共同で、12月22日にマカオタワーと珠海恒慶金融島を挟んだ海域で、合同花火ショーを開催した。

 花火ショーは4隻の船に据え付けられた16カ所の打ち上げ台から、約30分間に1万6000発の花火が夜空を彩る。花火ショーでは、56個の無人船と600個のドローンを活用し、「マカオと珠海が1つの家族として団結」することを中国語の文字で表すとともに、「20」の数字、マカオ世界文化遺産の聖ポール天主堂跡と港珠澳大橋の画像を映し出した。

 マカオと珠海の合同花火ショーは、マカオ側はマカオ政府観光局がコーディネートした。マカオ政府観光局のマリア・ヘレナ・フェルナンデス局長は、両者のコラボレーションにより、「革新的なアイデアを採用し、これまでの常識を超えた史上最大の華麗な花火を披露する」と表明した。

 「観客が目を見張るような壮観で、鮮やかな色彩で、マカオ特別行政区設立20周年を祝いたい。マカオと珠海は、互いに密接な協力関係を築いてきた。花火ショーは、コラボレーションの新たな可能性を探求する努力の成果。これにより、マカオと珠海が協調して観光開発を効果的に進め、グレーターベイエリアの観光の発展に貢献する」と力強く語った。
 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2019年12月号 》ページ#2 》記事#2
2019年12月号 PDFダウンロード2019年12月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2019年12月号index
マカオ政観、2020年「モノ・マカオツアー」を促進マカオ政観、トラベルマートとセミナー開催田川JATA会長「20年経てマカオは節目の年」
マカオに新規IR、ホテルがオープンマカオ特別行政区成立20周年、各地で祝賀行事マカオ日本人渡航者数、10月は35%減に
[特集] 旅行会社インタビュー / ハタチの一歩 マカオ研修旅行レポート
マカオLRT、第1期コタイ・タイパ地区が開通チームラボ新ミュージアムが来年2月オープンマカオ・グランプリ博物館が改装オープン長崎居留地男声合唱団がマカオを訪問第4回「マカオ国際映画祭」が華やかに開催マカオ航空、関西-マカオ線がダブルデイリー化マカオ国際空港、搭乗手続き方法が変更壮大な天正絵巻、マカオから始まる物語メディアチェック 録れたてマカオ
[イベント&祝祭日] 2019年12~20年2月
日本からマカオへの渡航者数
2018年 2019年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月27,55430,57811.057.0
2月19,92121,7719.353.1
3月34,19436,6367.153.3
4月21,77227,17924.867.0
5月29,86433,75313.059.1
6月24,88625,1511.163.3
7月20,43821,2544.063.4
8月20,26925,171-14.062.8
9月24,89220,983-15.770.5
10月25,58316,667-34.970.3
11月34,546   
12月32,879   
合計316,798259,1430.3 
12~2月の天気概況
12月は湿度が低く、晴れる日が多い。1月から2月は比較的寒いが天気の良い日が多い。服装はウールや厚手のジャケットまたはコートの着用がおすすめ。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2019年12月号2019年10月号2019年06月号2019年03月号