マカオ通信
マカオ通信 2019年12月号

マカオに新規IR、ホテルがオープン

2020年以降もマカオに続々と新規

マカオに新規IR、ホテルがオープン
上:グランド・リスボア・パレス外観イメージ(SJM Holdings Limeted Website)、下右上:ザ ロンドナー マカオの外観イメージ(Sands Resorts Macao)、下左:アンダーズ マカオ外観イメージ(Galaxy Entertainment Group Limited)、下右下:LINEとのコラボレーションホテルも計画(Macau Theme Park and Resort Limited)
 マカオの宿泊施設件数は現在122件、総客室数4万109室と拡大を続けている。2020年にはコタイ地区では、新たにグランド・リスボア・パレスがオープンする。また、サンズ・コタイセントラルはザ・ロンドナー・マカオ、ギャラクシー・マカオにはアンダースなどが続々とオープンする。

 地元メディアによると、10月末時点でマカオでは18件のホテルが新規オープンに向けて建設中で、客室数は6900室に上るという。

グランド・リスボア・パレスなど3ホテル2020年下半期にオープン、ノンゲーミング層をターゲット

 大型IRでは、グランド・リスボア・パレスが2020年下半期、コタイ地区にオープンする。リスボア系列としては初めてのコタイ地区進出で、グランド・リスボア・パレス・ホテル、カール=ラガーフェルド・ホテル、パラッツォ・ヴェルサーチ・マカオの3軒のホテルが同時開業する。客室数は3軒合計で約2000室。ホテルは95%が「ノンゲーミング」で、非カジノ層をターゲットに、ショッピング、飲食、エンターテイメントなどの要素を強化し、シティ・リゾートとしての魅力を全面に出している。

 各ホテルともに、東西融合の要素を取り入れたデザインを採用している。グランド・リスボア・パレス・ホテルは中国と西洋の融合がテーマで、西洋建築に中国伝統文化を配した設計で、客室は中国風にアレンジした。客室数は約1400室。

 カール=ラガーフェルド・ホテルは、同氏の初めてのトータル・プロデュースホテル。ロビーには愛猫シュペットの巨大オブジェが展示されるほか、フェニックスと牡丹がデザインのモチーフとなっている。客室数は約270室。

 パラッツォ・ヴェルサーチ・マカオは、アジア初、世界で3件目のヴェルサーチ・ホテル。落ち着いたトーンで、デザインモチーフは龍と菊。マカオ限定ブティックや最新のスパの併設が予定されている。客室数は約250室。

ザ ロンドナー マカオ、2020年から順次開業ヴェネチアン、パリジャンの次は英国ロンドン

サンズ・リゾーツ・マカオは、ザ ベネチアン マカオ、ザ パリジャン マカオと並ぶコタイストリップの名所として、2020年から2021年にかけて「ザ ロンドナー マカオ」を順次オープンする。

 ザ ロンドナー マカオの外観は、ウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)をモデルに、96mのエリザベスタワーとビッグ・ベン(大時計)がランドマークとなる。正面玄関は、ロンドンのビクトリア駅を思わせる。

 ザ ロンドナー マカオの宿泊施設は、旧ホリデイ・インのザ ロンドナー ホテルが594室のオールスイートホテルに全面リニューアル、加えてコンラッド マカオ654室、シェラトン グランド マカオ ホテル4001室、セントレジス マカオ400室で構成される。

 ザ ロンドナー ホテルに設ける2フロアの最上級スイートは、サンズ・リゾーツ・マカオのグローバル・アンバサダーを務めるデビット・ベッカム氏がデザインに加わる。

 ショッピングはショップス・アット・コタイ・セントラルを新たに「ショップス・アット・ザ・ロンドナー」に改装し、イギリスなどの新たな店舗を加えた200以上のブランドが出店する。

 MICE施設は、3万4300㎡の会議とコンベンション・スペースに13の宴会場、6つの会議室を揃える。また、6000席を有するアリーナを建設する。付帯施設は、スパ3カ所、ヘルスクラブ4カ所、ダイニング・レストラン20カ所を設ける。

2021年上半期ににアンダーズ マカオをオープンギャラクシーに世界のラグジュアリーホテル揃う

 ギャラクシー・エンターテインメント・グループは、アンダーズ マカオを2021年上半期にオープンする。建設中のギャラクシー・インターナショナル・コンベンションセンターと1万6000席を有するギャラクシーアリーナと同時オープンを予定する。

 アンダーズ マカオは、MICEに訪れる多くのグループ客に対応する専用のチェックインラウンジ、700室以上客室、スイートルーム、アンダーズラウンジ、バー・レストラン、最新のフィットネスセンター、屋内プールなどを備える計画。

 アンダーズ マカオはギャラクシー・マカオとつながり、200以上のブランドが並ぶショッピングモール、レジャー・アトラクションへのアクセスが可能となる。また、ホテルからレストランを含む120の飲食施設、ギャラクシー・マカオに隣接するブロードウェイ・マカオのブロードウェイ・フードストリートなどとも接続される。

 ギャラクシーでは、ザ・リッツカールトン・マカオ、バンヤンツリー・マカオ、JWマリオットホテル・マカオ、ホテルオークラ・マカオ、ギャラクシー・ホテル、ブロードウェイ・ホテルに、アンダーズブランドが加わることにより、最大数のラグジュアリーホテルを提供するマカオIRとして地位確立をめざす。

2020年以降に「リスボエタ」オープンを計画ロクシタンやLINEキャラクターホテルも

 このほか、マカオテーマパーク&ホテルリゾート社が2020年以降、コタイ地区に「リスボエタ」の開業を発表している。リスボエタには、「リスボエタ・ホテル」、「メゾン・ロクシタン・ホテル」、「ライン・フレンズ・カーザ・デ・アミーゴ」の3ブランドのホテルがオープンする。客室数は3軒合わせて約850室を計画。

 「メゾン・ロクシタン・ホテル」は、フランスのコスメティックブランド、ロクシタンにインスパイアされたホテル、「ライン・フレンズ・カーザ・デ・アミーゴ」は通信アプリのLINEのキャラクターをテーマにしたホテル。
 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2019年12月号 》ページ#2 》記事#1
2019年12月号 PDFダウンロード2019年12月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2019年12月号index
マカオ政観、2020年「モノ・マカオツアー」を促進マカオ政観、トラベルマートとセミナー開催田川JATA会長「20年経てマカオは節目の年」
マカオに新規IR、ホテルがオープンマカオ特別行政区成立20周年、各地で祝賀行事マカオ日本人渡航者数、10月は35%減に
[特集] 旅行会社インタビュー / ハタチの一歩 マカオ研修旅行レポート
マカオLRT、第1期コタイ・タイパ地区が開通チームラボ新ミュージアムが来年2月オープンマカオ・グランプリ博物館が改装オープン長崎居留地男声合唱団がマカオを訪問第4回「マカオ国際映画祭」が華やかに開催マカオ航空、関西-マカオ線がダブルデイリー化マカオ国際空港、搭乗手続き方法が変更壮大な天正絵巻、マカオから始まる物語メディアチェック 録れたてマカオ
[イベント&祝祭日] 2019年12~20年2月
日本からマカオへの渡航者数
2018年 2019年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月27,55430,57811.057.0
2月19,92121,7719.353.1
3月34,19436,6367.153.3
4月21,77227,17924.867.0
5月29,86433,75313.059.1
6月24,88625,1511.163.3
7月20,43821,2544.063.4
8月20,26925,171-14.062.8
9月24,89220,983-15.770.5
10月25,58316,667-34.970.3
11月34,546   
12月32,879   
合計316,798259,1430.3 
12~2月の天気概況
12月は湿度が低く、晴れる日が多い。1月から2月は比較的寒いが天気の良い日が多い。服装はウールや厚手のジャケットまたはコートの着用がおすすめ。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2019年12月号2019年10月号2019年06月号2019年03月号