マカオ通信
マカオ通信 2018年12月号

本で旅するマカオ

マカオ ノスタルジック紀行

本で旅するマカオ
 この本が「本で旅するマカオ」の表題に一番相応しい本かもしれない。著者は自称“マカニスト”というほどのマカオ通で、相当の「マカオタク」だが、初めてマカオに行く人に最も適した本で、「オクタ本」によくある独善的なところは全くない。

 時々、顔を出す「マカオ通」が知るコアな情報も、行く前に知っておくと得するもので、初回で行けなても、次回に行こうというリピーターへの誘いがあって、そこが面白い。

 この本が出版された2007年は、マカオがポルトガルから中国に返還されて8年後で、マカオの基本的な歴史・伝統・文化とともに、女性らしく食に関して詳細に書かれている。コタイ地区のIRをはじめ、マカオ観光の急激な発展はその後になる。

 そんな新しい時代がなくても、この本に書かれているマカオは今もそこにある。この本と最新のガイドブックかインターネット情報があれば、マカオの旅は楽しくなる。とくに、この本をマカオへ行く前に読んでおくと、マカオの旅がさらに実のあるものになる。

 この本が出版されてから10年後の2017年、マカオはユネスコの食文化創造都市に認定された。そして、マカオは「女子旅」の人気デスティネーションになった。著者はそうなることを知っていたのだろうか。写真も時代を感じさせる。ぜひ、これからマカオへ行く人、とくに女性にこの本を薦めたい。
 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2018年12月号 》ページ#6 》記事#4
2018年12月号 PDFダウンロード2018年12月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2018年12月号index
ホテル開業が相次ぐマカオマカオ国際映画祭、タレント・アンバサダーにアーロン・クォックさんザ ヴェネチアン マカオ、三冠達成マカオ航空、12月に広島からチャーター便マカオ旅行証所持者に対するビザ発給要件緩和マカオ日本人渡航者数、10月は1.6%増
大橋と鉄道でつながるグレーター・ベイ・エリアで今後はマカオ拠点のツアーフルマラソンを中心にランナーをもっとマカオへ送りたい
[特集] 開通した「港珠澳大橋」でマカオへ行ってみよう!
「港珠澳大橋」開通でマカオプロモーション「マカオ・ライトフェスティバル」開幕グレーターベイエリアのウェブサイト開設本で旅するマカオメディアチェック 録れたてマカオ[イベント&祝祭日] 2018年12月~2019年2月
日本からマカオへの渡航者数
2017年 2018年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月25,77727,5546.953.3
2月27,05819,921-26.455.7
3月33,15834,1943.151.2
4月20,24021,7727.663.0
5月30,00029,864-0.560.9
6月22,66224,8869.863.8
7月21,33220,438-4.259.0
8月29,85720,269-2.057.0
9月30,76324,892-19.153.0
10月25,17625,5831.660.0
11月34,515   
12月28,452   
合計328,990249,373-2.9 
12~2月の天気概況
12月の最高気温は平均20℃ほどと過ごしやすく、街歩きには最適。ただし、朝夕は半袖では肌寒い日もあるため、一枚羽織るものを用意したい。日本では冬本番を迎える1~2月でも、マカオでは10℃を下回る日は数えるほど。それでも大陸からの寒波で朝晩冷え込むこともあるため、手袋、マフラー、薄手のコート、使い捨てカイロがあると安心。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2018年12月号2018年09月号2018年06月号2018年03月号