マカオ通信
マカオ通信 2018年12月号

大橋と鉄道でつながるグレーター・ベイ・エリアで今後はマカオ拠点のツアー

旅行会社インタビュー

大橋と鉄道でつながるグレーター・ベイ・エリアで今後はマカオ拠点のツアー
上:株式会社ワールド航空サービスプランニング事業本部副部長 吉田義和 氏 左下:ついに開通した港珠澳大橋 右下:ポルトガル統治時代の面影が残るマカオの街並み
 2018年10月24日、ついに港珠澳大橋が開通した。世界最長の海上大橋を渡る、そんなツアーを待っていた人も多いだろう。橋の開通前から準備を進めていたというワールド航空サービスでは、12月に4本のツアーを設定。その詳細を聞いた。

─これまで御社ではマカオをどのようなデスティネーションとして見てきましたか。

吉田 菊間会長の意向もあり、もともと当社ではマカオを香港の日帰りデスティネーションとは位置付けていません。マカオは滞在すべきデスティネーションという認識があり、ツアーにもそうした意向を反映してきました。また、アジアでカジノを楽しむ場所というよりも、東西の交錯が見てとれる歴史と文化に価値があるデスティネーションという認識でもあると思っています。

─港珠澳大橋の開通後、すぐに商品を発表されていますが、どのくらい前から準備をされていたのでしょう。

吉田 何年も前から港珠澳大橋の開通にはアンテナを張ってきました。ただ、開通予定日が発表されては延期されという繰り返しがあったので、じりじりとはしていましたが、この秋いよいよオープンという確かな情報を掴んだ時点で、造成に踏み切りました。港珠澳大橋を渡るという体験は確かに特別ですが、マカオに2泊滞在してじっくり観光していただく内容はこれまでのマカオツアーを踏襲しています。

─今回のツアーならではの訴求ポイントを教えてください。

吉田 まず、香港・マカオ間の往復とも港珠澳大橋を渡ります。行きは午前中、帰りは午後となり、時間帯と方向が異なるので、ぞんぶんにブリッジビューをご堪能いただけます。また、香港では英国時代を、マカオではポルトガル時代の面影を残すエリアを中心に観光し、2つの異なる文化が橋でつながるというテーマを掲げました。具体的にマカオでは、ポルトガル様式の建築物が残るタイパ・ビレッジや世界遺産のマカオ歴史市街地区をじっくり観光します。また、マカオ料理とポルトガル料理をご用意していますので、マカオの美食も味わっていただけます。

─上質な旅を提供する御社がツアー造成の際に気を付けていることはありますか。

吉田 港珠澳大橋の開通後は、特に中国本土からの観光客がより多くなることが予想されます。特に日中の旧市街は混雑しますので、5日目の朝もゆっくり歴史市街地区を散策できる時間を設けています。そのために広場まで徒歩7分のソフィテル・マカオ・アット・ポンテ16を選びました。また、所々に自由時間を設けていますが、マカオが初めてで不安な方には添乗員やガイドがお勧めの店やスポットを案内しますので心配はいりません。もちろん不必要に土産物屋に立ち寄るようなスケジュールにもなっていませんので、純粋にマカオの異国情緒をお楽しみいただけます。

─コタイ地区に行くことを希望されるお客様にはどのような対応をされますか。

吉田 3日目の午後、ホテルにチェックインした後はフリーです。この時「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」をご覧になりたいというお客様が多いので、ご案内しています。新スポットのザ・パリジャン・マカオやスタジオ・シティの8の字観覧車などを訪れる方もいらっしゃいますよ。

─今後、御社ではどのようなマカオツアーを造成されていかれますか。

吉田 マカオは現在、大型ホテルやエンターテインメントの選択肢も多く、滞在型の訪問地へと変貌しています。港珠澳大橋が開通したことで、香港はもちろん珠海や広州とのコンビネーションも可能になり面白くなりそうです。港珠澳大橋とともに広州から香港までの鉄道が開通したことで、広州、香港、マカオを結ぶグレーター・ベイ・エリアが線でつながり、商品造成の幅が大きく広がりました。今回は香港とマカオの歴史散策と大橋を取り上げましたが、もっといろいろなテーマを考えていけると思っています。

─ありがとうございました。


 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2018年12月号 》ページ#2 》記事#1
2018年12月号 PDFダウンロード2018年12月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2018年12月号index
ホテル開業が相次ぐマカオマカオ国際映画祭、タレント・アンバサダーにアーロン・クォックさんザ ヴェネチアン マカオ、三冠達成マカオ航空、12月に広島からチャーター便マカオ旅行証所持者に対するビザ発給要件緩和マカオ日本人渡航者数、10月は1.6%増
大橋と鉄道でつながるグレーター・ベイ・エリアで今後はマカオ拠点のツアーフルマラソンを中心にランナーをもっとマカオへ送りたい
[特集] 開通した「港珠澳大橋」でマカオへ行ってみよう!
「港珠澳大橋」開通でマカオプロモーション「マカオ・ライトフェスティバル」開幕グレーターベイエリアのウェブサイト開設本で旅するマカオメディアチェック 録れたてマカオ[イベント&祝祭日] 2018年12月~2019年2月
日本からマカオへの渡航者数
2017年 2018年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月25,77727,5546.953.3
2月27,05819,921-26.455.7
3月33,15834,1943.151.2
4月20,24021,7727.663.0
5月30,00029,864-0.560.9
6月22,66224,8869.863.8
7月21,33220,438-4.259.0
8月29,85720,269-2.057.0
9月30,76324,892-19.153.0
10月25,17625,5831.660.0
11月34,515   
12月28,452   
合計328,990249,373-2.9 
12~2月の天気概況
12月の最高気温は平均20℃ほどと過ごしやすく、街歩きには最適。ただし、朝夕は半袖では肌寒い日もあるため、一枚羽織るものを用意したい。日本では冬本番を迎える1~2月でも、マカオでは10℃を下回る日は数えるほど。それでも大陸からの寒波で朝晩冷え込むこともあるため、手袋、マフラー、薄手のコート、使い捨てカイロがあると安心。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2018年12月号2018年09月号2018年06月号2018年03月号