マカオ通信
マカオ通信 2018年09月号

10月~ 11月首都圏でマカオ集中プロモーションへ

主要駅や海ほたるで大型展開

10月~ 11月首都圏でマカオ集中プロモーションへ
 マカオ政府観光局は、「港珠澳大橋」の開通に向けたプロモーションの一環で、首都圏での集中広告展開を秋からスタートさせる。東京駅や品川駅でのデジタルサイネージや、海ほたるでの展示など、首都圏各地で同時期にマカオを露出することで、マカオへの旅行需要喚起につなげる。

 デジタルサイネージは、東京中央通路電照デジタルシートセット、品川駅自由通路セット、TOKYO MARU-VISIONの3カ所で展開。これら主要駅などは多くの通行量が見込めることから、「港珠澳大橋」やマカオのガストロノミーの紹介を中心に、マカオの魅力をビジュアルで訴える大型デジタルサイネージを同時展開する。

 また、大型トラックの両側面に電照ビジュアルを掲出し、音とビジュアルでマカオの魅力を不特定多数に紹介する「アドトラック」を都内で走らせる予定。有楽町・銀座、新宿、原宿・渋谷などのサラリーマンや学生、女性客など幅広い層へのリーチを狙う。

 海ほたるでの展示は、10月22日~11月16日まで実施する予定。東京湾アクアラインは、「港珠澳大橋」と同様に、海上橋と海底トンネルからなる全長15.1kmの大橋。海ほたるは人工島のパーキングエリアで、雄大な海と大橋をのぞめる美しい景観で人気だ。マカオに誕生する「港珠澳大橋」はその2.4倍の長さである約36km(メインブリッジ)を誇るが、共通点の多いアクアラインの海ほたるで橋開通に関するプロモーションを展開することにした。

 詳細は企画中だが、展示の目玉として約10m超にも及ぶロングパネルを計画しており、世界最長の海底トンネルと海上橋からなる「港珠澳大橋」を強いインパクトで表現する。マカオの旅の魅力を紹介するデジタルサイネージや資料も設置し、週末には参加型イベントも計画している。
 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2018年09月号 》ページ#1 》記事#2
2018年09月号 PDFダウンロード2018年09月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2018年09月号index
「カフェ&バー プロント」で「美食の街 マカオ」キャンペーン10月~ 11月首都圏でマカオ集中プロモーションへ
マカオでイベントを楽しもう!サンズマカオ ファッションウィーク2018開催マカオ初のeスポーツのスタジアムオープンショップスアットコタイセントラルがオープンマカオ日本人渡航者数、上半期は前年並みで推移
[特集] 旅行会社インタビュー / 研修旅行実施校レポート
ツーリズムEXPO、マカオの食の魅力など紹介マカオの観光マスコット「マックマック」「クッキング・ママ」でマカオ料理をPRマカオ政府観光局、アップデートセミナー開催マカオアップデートセミナー 23都市で開催中本で旅するマカオ[イベント&祝祭日] 2018年9月~11月
日本からマカオへの渡航者数
2017年 2018年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月25,77727,5546.953.3
2月27,05819,921-26.455.7
3月33,15834,1943.151.2
4月20,24021,7727.663.0
5月30,00029,864-0.560.9
6月22,66224,8869.863.8
7月21,332   
8月29,857   
9月30,763   
10月    
11月    
12月    
合計240,847158,1919.8 
9~11月の天気概況 
9月のマカオは最高気温も平均30℃を超え、湿度も高く、まだまだ厳しい残暑が続く。台風シーズンでもあるので気象情報はこまめにチェックを。10月に入ると暑さも和らぎ、晴れの日も多く、観光のベストシーズンに。11月は朝夕は半袖では肌寒い日もあるため、一枚羽織るものがあると安心。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2018年09月号2018年06月号2018年03月号2017年11月号