マカオ通信
マカオ通信 2018年09月号

「カフェ&バー プロント」で「美食の街 マカオ」キャンペーン

9月18日~11月末まで、限定メニュー5種類

「カフェ&バー プロント」で「美食の街 マカオ」キャンペーン
 マカオ政府観光局は、株式会社プロントコーポレーション(本社:東京都/代表取締役社長:竹村典彦)とタイアップし、『美食の街「マカオ」であなたの“おいしい”を見つけよう!DISCOVER MACAO キャンペーン』を9月18日から11月30日までの期間中、全国の「カフェ&バー プロント」210店舗で展開する。マカオ料理を代表する「アフリカンチキン」など、マカオメニュー5種類を期間限定で提供するほか、抽選でマカオ旅行が当たるプレゼントキャンペーンやノベルティグッズが当たるスクラッチくじを実施する。マカオの美食とガストロノミーシティ・マカオの魅力をクローズアップし、マカオへの旅行需要創出につなげたい考えだ。

2018年は「マカオ美食年」ガストロノミーの魅力紹介

 「マカオ料理」は、大航海時代にポルトガル人が寄港地へと食文化や香辛料、調味料を持ち込み、ヨーロッパからアフリカ、アジアへと地球を半周してもたらされた食文化が地元の中国料理と融合し、独自の「マカオ料理」が誕生したもの。そうした東西融合の独特の食文化が評価され、2017年10月にマカオはユネスコ都市創造ネットワークプロジェクトの「食文化創造都市」(シティオブガストロノミー)に認定された。

 これを受け、マカオ政府観光局は2018年を「マカオ美食年」に選定。マカオのガストロノミーの魅力を紹介する様々な取り組みを行っている。今回のプロントとのタイアップもそうした取り組みの一環となる。

 またプロントは、昼はカフェ、夜はバーとして20~40代を中心とした幅広い世代に親しまれており、その店舗網は全国各地に広がっていることから、潜在マーケットへマカオの食の魅力を広く訴求するのに最適として今回のタイアップが実現した。

 期間限定のマカオメニューは、バータイム(17時30分~23時、LO: 22:30)に提供する。1日の終わりにゆったりした時間を過ごす中で、マカオの食の魅力に触れてもらう。ビールやワインに良く合うメニューも多く、マカオ料理に舌鼓を打ちながらの会食は会話も弾みそう。店内ツールではマカオの旅の情報も提供され、マカオに思いを馳せる一時となりそうだ。

プロント210店舗で限定メニューアフリカンチキンやミンチィなど

 期間限定で提供するマカオメニューは5種類。マカオ名物「アフリカンチキン」(エスニックチキン)は、マカオ料理で一番有名なメニュー。大航海時代の船乗りたちが経由地のアフリカで好んで食べた鶏肉のグリルが原型で、グリルしたチキンにココナッツを効かせたスパイシーなソースで仕上げており、ビールに良く合う一品。

 「ミンチィ」はマカオの代表的な家庭料理。甘辛く炒めた豚挽肉とタマネギ、ポテトに目玉焼きをのせた料理で、醤油味がベースの日本人にも馴染みのあるちょっと懐かしい味わいが人気だ。

 「あさりの香菜レモン蒸し」は、魚醤を使ったソースにパクチーをたっぷり使うのが特徴で、100円の追加代金でパクチー倍量もできる。白ワインの良く合う一品。

 このほか、オリーブやセミドライトマトなどをトッピングしたおつまみ的な「マカオ風チキンライス」や、甘辛い味わいでついついビールが進んでしまう「フライドパスタ」(ビーフチリ味)の全5品を提供する。

 どれも代表的なマカオ料理だが、今回の限定メニュー開発に当たっては、去る6月にプロントの専門スタッフがマカオを訪問。何店舗ものレストランで試食を行い、味付けや盛りつけなどの試行錯誤を重ねて、プロントとしてのマカオメニューを開発した。本場マカオ料理の味わいをプロントで気軽に味わってほしい考えだ。

抽選でマカオ旅行が当たる!店頭ツールやHP、SNSなどでPR

 抽選でマカオ旅行が当たるプレゼントキャンペーンは、9月18日より開始する。期間中は、店頭バナーやトレイチラシなどでガストロノミーシティ・マカオの魅力を紹介。また、店内モニターでは、マカオのPR動画を放映し、映像でもマカオの魅力を紹介していく。

 これらキャンペーンツールでは、ガストロノミー・シティとしてのマカオの魅力はもちろんのこと、マカオの旅の情報なども紹介して、マカオへの旅行需要に結びつける。期間中は、プロントの公式ホームページやSNSを通じた告知も展開していく。

 キャンペーン開始に先駆けて、マカオ政府観光局とプロントコーポレーションの共催で、SNSインフルエンサー向けのPRイベントもこのほど開催され、一足先に限定マカオメニューを味わった。
 
 次の記事へ
 
マカオ通信 2018年09月号 》ページ#1 》記事#1
2018年09月号 PDFダウンロード2018年09月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2018年09月号index
「カフェ&バー プロント」で「美食の街 マカオ」キャンペーン10月~ 11月首都圏でマカオ集中プロモーションへ
マカオでイベントを楽しもう!サンズマカオ ファッションウィーク2018開催マカオ初のeスポーツのスタジアムオープンショップスアットコタイセントラルがオープンマカオ日本人渡航者数、上半期は前年並みで推移
[特集] 旅行会社インタビュー / 研修旅行実施校レポート
ツーリズムEXPO、マカオの食の魅力など紹介マカオの観光マスコット「マックマック」「クッキング・ママ」でマカオ料理をPRマカオ政府観光局、アップデートセミナー開催マカオアップデートセミナー 23都市で開催中本で旅するマカオ[イベント&祝祭日] 2018年9月~11月
日本からマカオへの渡航者数
2017年 2018年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月25,77727,5546.953.3
2月27,05819,921-26.455.7
3月33,15834,1943.151.2
4月20,24021,7727.663.0
5月30,00029,864-0.560.9
6月22,66224,8869.863.8
7月21,332   
8月29,857   
9月30,763   
10月    
11月    
12月    
合計240,847158,1919.8 
9~11月の天気概況 
9月のマカオは最高気温も平均30℃を超え、湿度も高く、まだまだ厳しい残暑が続く。台風シーズンでもあるので気象情報はこまめにチェックを。10月に入ると暑さも和らぎ、晴れの日も多く、観光のベストシーズンに。11月は朝夕は半袖では肌寒い日もあるため、一枚羽織るものがあると安心。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2018年09月号2018年06月号2018年03月号2017年11月号