マカオ通信
マカオ通信 2017年11月号

マカオへ続々インセンティブツアー

IR人気、再評価される受け入れ態勢

 景気回復や人材不足などの経済状況によって、インセンティブツアーや職場旅行の重要性が再認識されています。

そうした情勢下、マカオがインセンティブツアーのデスティネーションとして再評価・注目されています。11月には資材メーカーA社がマカオ3泊4日のインセンティブツアーを実施。参加人員は1200人。

また、5月には食品メーカーB社もマカオ3泊4日の日程でグループ内インセンティブツアーを行っています。参加者は1500人。

マカオ政府観光局(日本)の調べによると今年1月~9月には100社超の企業・機関がマカオ・インセンティブツアー(職場旅行含む)を実施しています。これは同局に報告や資料請求などの要請があったツアーの一部で、これ以外にも多数のマカオ・インセンティブツアーが実施されているものとみられています。

同局の調べによるとマカオ単独デスティネーションは40%、香港・マカオ2デスティネーションが60%。日程は3泊4日が中心でグループ・サイズは平均61人。

インセンティブツアー、職場旅行などの団体旅行先としてマカオが注目されているのは、コタイ地区の統合型リゾート(IR)宿泊を軸に、話題性、多彩な食メニュー、選択幅が広い滞在プラン、安全性、日本各地からの交通利便性、経済性などが評価されているものとみられています。
 
前の記事へ次の記事へ
 
マカオ通信 2017年11月号 》ページ#8 》記事#1
2017年11月号 PDFダウンロード2017年11月号 記事一覧へ戻る
マカオ通信 2017年11月号index
マカオのシェフがお待ちかねカウントダウンがアートにアップデート・セミナー開催 [東西とうざい] [CloseUpMacao] 太陽の恵み
12月マカオ 街中でビッグイベント12月 第2回マカオ国際映画祭開催家族で 「サウンド・オブ・ミュージック」IR でファッションショー18年 6ホテルが開業予定新たに4000室オープンマカオ最優秀に ルーブル・カフェNX冬期運航スケジュール日本人の渡航者数 8カ月連続増 台風の影響は微少
[特集] 女子旅の素材徹底研究
東西文化が融合 時空超えた都市「隠しキリシタン」の城下町・竹田メディアチェック! 録れたてマカオ
マカオへ続々インセンティブツアートラベルマート沖縄でセミナー積極的に出前セミナーマカオから9レストラン伝統産業でマカオ史を辿るマカオが5位に世界観光都市セールスエイド世界遺産 修復・休館のお知らせ[イベント&祝祭日] 2017年12月~2018年2月
日本からマカオへの渡航者数
2016年 2017年 対前年比
伸び率(%)
宿泊旅行
者率(%)
1月25,81725,777-0.258.2
2月20,89727,05829.557.1
3月27,81433,15819.255.1
4月19,23620,2400.561.3
5月24,96530,00020.260.2
6月19,97322,66213.563.9
7月20,70321,3323.059.4
8月27,60629,8578.256.1
9月27,77130,76310.854.9
10月22,215   
11月34,142   
12月29,474   
合計300,613240,84710.8 
12月~2月の天気概要
12月の最高気温の平均は20˚C 近くと日本の春を思わせる陽気で街歩きには最適です。ただし、朝夕は半袖では肌寒い日もあるので、一枚羽織るものを持参しましょう。

1月から2月のマカオは冬本番の日本とは異なり、10˚C を下回る日は数えるほど。とはいえ、大陸からの寒波で朝晩冷え込むこともあるので手袋やマフラー 、薄手のコート、使い捨てカイロがあると安心です。
夕焼けウォッチングの日没時刻もお忘れなく
マカオ通信 アーカイブ マカオ通信 アーカイブ2017年11月号2017年09月号2017年07月号2017年05月号