ニュースリリース
<旅行業界・メディアの方向け>
マカオ観光局発信の最新情報をご覧いただけます。
リリースはPDFファイルのダウンロードが可能です。
2019年12月20日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年12月20日付け ニュースリリース
待望のマカオLRT(ライトレール)運行開始
マカオ初の鉄道となるLRT(ライトレール)が12 月10 日正式に運行を開始しました。マカオ市民、また観光客の新たな足として注目を集め、開通後1 週間で21 万人以上が利用しました。

今回運行が開始されたのは、「タイパ・フェリーターミナル」から「マカオ国際空港」を経てコタイ地区の外周を回り、西灣大橋のたもと「海洋駅(Ocean)」までのタイパ線9.3km(11駅)です。運賃については、12 月中は無料となります。マカオLRT(ライトレール・トランジット)は東京の「ゆりかもめ」と同じゴムタイヤ式、全自動無人運転の車両を使った新交通システムです。国際入札を経て2011 年に日本の三菱重工業と伊藤忠商事が受注、8 年の歳月を経て開業にいたりました。車両は2 両または4 両編成、5〜10 分間隔で運行予定です。

運行時間: 月〜木 6:30〜23:15
金〜日・祝祭日 6:30〜23:59

■ マカオ・ライト・ラピッド・トランジット・コーポレーション

width=600
第4回マカオ国際映画祭
〜片寄涼太さんが「アップネクスト・アワード」受賞〜

12 月5 日から10 日まで開催された第4 回マカオ国際映画祭にて、米国エンターテイメント業界紙VARIETY が選ぶ「アップネクスト・アワード」を片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が受賞、レッドカーペットでも熱烈な歓声が響きました。

この賞はアジアで国際的に活躍する次世代スター8 名に贈られるもので、2017 年には女優の忽那汐里さんが受賞。初の日本人男性受賞者となった片寄さんの主演映画「午前0 時、キスしに来てよ」が現在、日本で公開中です。

■ マカオ国際映画祭

width=350
2019年11月20日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年11月20日付け ニュースリリース
第4 回 マカオ国際映画祭
毎年12 月に6 日間にわたって開催される「マカオ国際映画祭」。年々、世界で注目度が高まる中、今年は28 カ国450 名のプレスやバイヤー、監督、映画スターらが集います。毎回世界で活躍する著名な俳優をタレント・アンバサダーとして任命してきている中、今年は香港を中心に活躍中の女優カリーナ・ラウに加え、韓国の人気男性グループ「EXO」のリーダー、スホが映画祭を盛り上げます。また新たにフランス出身の女優ジュリエット・ビノシュもアンバサダーに就任。ベルリン、カンヌ、ベネチアで女優賞受賞の世界的スターの登場でさらに話題を呼んでいます。

ノミネート作品によるコンペティションが行われるほか、シアターでは世界やアジアで注目されている国際色豊かな映画も上映されます。日本からは矢口史靖監督、三吉彩花さん主演のミュージカルコメディー「ダンス・ウィズ・ミー」をはじめ、今年のカンヌ映画祭で「監督週間」に選出された三池崇史監督、窪田正孝さん主演の「初恋FIRST LOVE」など3 作品が公開されます。

また今年はマカオ特別行政区政府成立20 周年を記念して、地元マカオの作品が「マカオ20 周年特別映像」としてコンペティション作品とは別に上映されます。

日時: 2019 年12 月5 日(木)~12 月10 日(火)
会場: マカオ文化センター、戀愛・電影館、マカオタワー 他

width=351
マカオ・ライト・フェスティバル
2015 年に始まりマカオの冬の風物詩になったマカオ・ライト・フェスティバル。マカオ政府観光局とマカオ内外のクリエーターがコラボレーションし世界遺産の街を彩ります。色鮮やかなライトアップや、ストーリー性のあるプロジェクションマッピング、インスタレーションなどが各所で繰り広げられます。

クリスマス・シーズンなので、ツリーやサンタクロースなどをかたどったランタンやオブジェも登場。

12 月20 日のマカオ特別行政区成立記念日と大晦日のニューイヤーカウントダウンでは花火もあがり、マカオの街がさらに華やかさに包まれます。

日時: 2019 年12 月1 日(日)~12 月31 日(火) 19 時〜22 時
会場: マカオ半島 (聖ポール天主堂跡、アニム・アルテ南灣 他)

width=494
2019年11月06日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年11月06日付け ニュースリリース
第19回 マカオ・フード・フェスティバル 今年のハイライトは「北海道村」
毎年11 月にマカオタワー前の西灣湖広場にて開催される「マカオ・フード・フェスティバル」が今年もやってきます。地元マカオ料理をはじめ、中国、アジア、ヨーロッパなど世界各地の料理が集結します。今回も100以上のレストランが参加予定。毎年、世界各国・地域の食をテーマにした屋台村がハイライトに盛り込まれる中、今年は「北海道村」です。

2017年にユネスコ食文化創造都市に登録された美食の街マカオ。大航海時代からの影響を受け醸成されてきたマカオ料理や、450年以上の歴史を持つポルトガル料理、そして本場中国料理を楽しめます。

マカオには19のミシュラン星付きレストランが存在し一流シェフの料理が楽しめる一方で、こちらのイベントでは露店で気軽にストリートフードを味わえます。

日時: 2019年11月8日(金)~11月24日(日)
会場: 西灣湖広場(マカオ・タワー前)

width=524
第66回 マカオ・グランプリ
11月の恒例イベントとして人気の高い「マカオ・グランプリ」が今年はパワーアップして開催されます。今年からFIA-F3選手権で使用されているダラーラ社製の新車両を導入。最高出力380馬力のエンジンを搭載した、よりパワフルなマシンが使用されることで、さらに熱い市街地レースが繰り広げられると期待が高まっています。日本からは角田裕毅選手が参戦します。また2連覇中のダニエル・ティクトゥム選手(イギリス・ロンドン出身)をはじめ、F3を賑わす錚々たるメンバーが出場します。

F3の他にもマカオGTカップ、FIA世界ツーリングカーカップ(マカオ・ギアレース)、マカオ・ツーリングカーカップ、グレーター・ベイ・エリア・GTカップ、二輪のマカオ・モーターサイクルグランプリの6大会が同時開催されます。

日時: 2019年11月14日(木)~11月17日(日)
会場: マカオ半島「ギア・サーキット (外港〜ギア灯台の公道サーキット)」

width=410

width=258
2019年10月21日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年10月21日付け ニュースリリース
ツーリズム EXPO ジャパン 2019 【大阪関西】マカオブース出展
大阪初開催の「ツーリズム EXPO ジャパン 2019」に、マカオ政府観光局は今年も大型ブースで出展します。今年のブースは、 マカオの観光スポットやアトラクションなどをイメージしたフォトスポットをメインに構成、街歩きの気分で撮影を楽しんでいただきます。 26 日(土)〜27 日(日)の一般日には、ブース内 6 つのフォトスポットを全てを回って撮影すると参加賞がもらえる「マカオ街歩きフォトラリー」やマカオの写真を使った「マカオフォト BINGO 大会」などの参加企画を実施、イベントを通じて来場者にマカオのさまざまな魅力をお伝えします。

また、24 日(木)〜25 日(金)の業界日は、サプライヤー16 社による商談会のほか、ブース内でビデオを使用したミニセミナーを開催。航空各社も参加して、マカオの最新情報をご提供します。

先日、マカオ航空(NX)の 今年 12 月からの関西発着便ダブルデイリー計画が発表されました。また関空就航の各社香港便利用では昨年開通した港珠澳大橋ルートが加わり、関西エリアからマカオへのアクセスが向上します。今後の関西マーケット拡大が予想されるなかでの本イベント大阪開催に期待がかかります。

<日程>
業界日:2019 年 10 月 24 日(木)12:00-18:00 ・ 25 日(金)10:00-18:00
一般日:2019 年 10 月 26 日(土)10:00-18:00 ・ 27 日(日)10:00-17:00

<会場>
インテックス大阪: 〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北 1 丁目 5ー102
アクセス: https://www.t-expo.jp/public/access/
【マカオ政府観光局 ブース: 4 号館 Gー033】

<業界日プログラム> ※予約不要
マカオミニセミナー プレゼンター: マカオ政府観光局・マカオ航空・キャセイパシフィック航空

<一般日プログラム>
『マカオ 街歩きフォトラリー』
『マカオ フォト BINGO 大会』: 各日 5 回(10:30, 12:00, 13:30, 15:00, 16:30/各回約 30 分、先着順)
詳細:https://www2.t-expo.jp/exhibitors/view/ja/41272/BtoC

「ツーリズム EXPO ジャパン 2019」
旅の総合イベントとして 2014 年から年に一度開催され今年で 6 回目を迎えます。日本旅行業協会(JATA)と日本観光振興協会、日本政府観光局(JNTO)が主催。2018 年(東京)の来場者数は 207,352人。日本各地及び世界各国 136 の国と地域が参加、計 1,441 企業・団体が集結しました。
2019年10月08日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年10月08日付け ニュースリリース
マカオ国際空港での搭乗手続き変更
マカオ国際空港では 2019 年 9 月 23 日より搭乗手続き手順が変更されました。

1) チェックインカウンターにて搭乗手続き (左図1)
2) 自身でチェックイン荷物(預入手荷物)を持ってカウンター横「X 線検査場 Hold Baggage
Screening」へ移動(左図2)
3) X線検査へ荷物を預けたら、流れに沿ってカメラモニターがあるエリアで待機(右図3青円部)。モニターにて預け入れた荷物が流れていくことを自身で確認して、モニター隣の要検査スクリーン
(右図4赤円部)に名前が表示されなければ問題なく搭乗手続き完了。
4) スクリーンに名前が表示された場合には近くの空港職員に申告し、検査室(右図5)へ移動。

※バッテリーやパソコン機器など預入禁止の荷物は予め機内持ち込み手荷物へお入れください。



2019年8月5日より、マカオ国際空港でのチェックイン締切時間が変更となりました。すべての旅客便の搭乗手続きは出発時間 60分前にクローズとなります。時間に余裕を持ってチェックインカウンターへお越しください。

マカオ国際空港: http://www.macau-airport.com/en
2019年09月11日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年09月11日付け ニュースリリース
東アジアスーパーリーグ 『テリフィック12』 開催  〜バスケットボール スタープレイヤーがマカオに集結〜
2019 年9 月17 日(火)〜22 日(日)にかけてマカオのタップ・セック・マルチスポーツ・パビリオン(塔石体育館)にてバスケットボールのアジアNo.1を決定する『テリフィック12』が開催されます。

マカオ特別行政区スポーツ局とアジアリーグリミテッドが共催する同大会はFIBA(国際バスケットボール連盟)認定大会です。

日本からは、日本の男子プロバスケットボールのトップリーグであるB.LEAGUE(公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ)の千葉ジェッツ、新潟アルビレックスBB、宇都宮ブレックス、 さらに昨年のテリフィック12 で優勝した琉球ゴールデンキングスが2 連覇を賭け出場します。

その他、中国バスケットボール協会から3 チーム、韓国バスケットボールリーグから2 チーム、フィリピンバスケットボール協会から3 チームの計12 チームがチャンピオンの座をかけて戦います。

日程: 2019 年9 月17 日(火)〜22 日(日)
会場: タップ・セック・マルチスポーツ・パビリオン(塔石体育館)

width=301
より安心快適なタクシーサービスへ前進
今年6 月に施行された「改正タクシー法」から約4ヶ月、着実にその効果が現れ始めています。この改正法により交通事務局と治安警察局が連携して監視・指導体制を強化し、罰則も厳格化されたことにより、不正課金や乗車拒否などの違法行為が全体で前年同期比82パーセント減となりました。

観光の街マカオのより安心快適な街づくりへ期待が高まります。
2019年08月07日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年08月07日付け ニュースリリース
第30 回マカオ国際花火コンテスト参加国決定
マカオ特別行政区成立20 周年を記念して実施日増

今年で30 回目を迎えるマカオ国際花火コンテストの開催スケジュールが決定しました。

このコンテストは毎年9 月から10 月にかけてマカオ・タワー前の南灣湖で行われるもの
で、花火コンテストとしては世界最高レベルと高く評価されており、今までにアジア、ヨーロッ
パから100 以上の国際チームが参加しました。

今年はマカオがポルトガルから中国に返還されて20 周年であることを記念して、例年より
実施日を増やして開催されます。

参加国およびスケジュールは、下記の表をご覧ください。日本チームも最終日に出場予定
です。

マカオの夜空を華やかに彩る花火は各回約20 分、マカオ半島やタイパの見晴らしのいい場
所から観賞することができます。

日程         参加国
9 月7 日(土)      マレーシア フィリピン
9 月13 日(金)     ポルトガル 韓国
9 月21 日(土)     イギリス ルーマニア
9 月28 日(土)     南アフリカ カナダ
10 月1 日(国慶節)   フランス 中国
10 月5 日(土)     日本 スイス

/

2019年08月01日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年08月01日付け ニュースリリース
マカオ航空・マカオ国際空港 最新情報
成田線に続き、関西線もダブルデイリーへ
マカオ航空(NX)は2019年7月の成田発着便に続き、12月18日(水)から関空発着便のダブルデイリー化を発表しました。増便後の発着スケジュールは以下の通りです。

便名  運航曜日   出発時間       到着時間    使用機材
NX855 毎日   関空発  13:45  マカオ着  17:05  A321
NX856 毎日   マカオ発 8:15   関空着   12:45  A321
NX851 毎日   関空発  20:20  マカオ着  23:50  A320
NX852 毎日   マカオ発 14:50  関空着   19:20  A320

マカオ航空 大阪支店
大阪市中央区博労町2-2-13大阪堺筋ビル6階
電話番号 06-6263-5383 (平日9:30〜17:30/土・日・祝祭日・年末年始はお休み)
https://www.airmacau.jp

マカオ国際空港 搭乗手続きは60分前までに
2019年8月5日(月)より、マカオ国際空港でのチェックイン締切時間が変更となります。すべての旅客便の搭乗手続きは出発時間60分前にクローズとなります。時間に余裕を持ってチェックインカウンターへお越しください。

マカオ国際空港
http://www.macau-airport.com/ja
中国伝統武術を伝える「武術マスターズ・チャレンジ」
マカオの武術イベント「武術マスターズ・チャレンジ」が8月1日(木)〜4日(日)開催されます。
マカオ政府体育局とマカオ武術協会が中心となり開催。マカオ内外の武術マスターが集結し、伝統武術の腕を競い合います。総合格闘技や中国武術の演舞、ドラゴンダンスやライオンダンス選手権など、さまざまな様式の武術イベントが企画されています。会場は塔石マルチスポーツ・パビリオン、オリンピック・スポーツ・センター・スタジアム ( 屋内パビリオン)、塔石広場、友好広場など。すべて入場無料。

http://www.sport.gov.mo/en/sites/wushu_sp
2019年04月09日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年04月09日付け ニュースリリース
今夏開催「アート・マカオ」 2つの大規模展示をプレ・イベントで今月から開始

今夏、マカオはアート・ギャラリー、アート・ガーデンとして、街全体が文化的な雰囲気に包まれます。

6月から10月の5ヶ月間、マカオ特別行政区政府社会文化庁後援の下、同文化局および観光局により組織され、教育青年局および高等教育局の共催による大規模なアートと文化の祭典「アート・マカオ」が開催されます。このイベントではホテル、統合型リゾート(IR)および各国領事館などが参加。またプレ・イベントとして、マカオ芸術博物館にて2つの大規模展示が開始されます。

1.マカオ文化局・マカオ芸術博物館・大英博物館共催 「イタリア・ルネサンス絵画」展

開催時期 412日(金)〜630日(日)

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなど、42人のルネサンスマスター作品を含む大英博物館所蔵の52点を展示。

2.「新時代の〜中国美術館所蔵 巨匠作品展〜」

開催時期 54日(土)〜728日(日)

中華人民共和国建国70周年およびマカオ特別行政区成立20周年を記念して、斉白石、張大千、徐悲鴻、劉海粟などを含む中国の近現代芸術家たちの作品90点を展示。展示会内では、視覚障害のある方にも立体的感覚を提供できるよう3Dやテクノロジー技術を駆使した作品が初めてマカオに導入されます。

その他、6月から本開催される「アート・マカオ」では、マカオ・オーケストラやマカオ・チャイニーズ・オーケストラによるコンサートなども実施を予定しています。

イベントの詳細は、下記URLをご覧ください。

http://www.artmacao.mo/

2019年03月15日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年03月15日付け ニュースリリース
マカオ国際旅行(産業)博覧会説明会及び旅行業交流会のご案内

このご案内はマカオ政府観光局がマカオ国際旅行(産業)博覧会組織委員会に代わって配信しています。
お申込み、お問い合わせは添付に記載されている窓口までご連絡ください。
****************************************************************************

拝啓 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は「第7回マカオ国際旅行(産業)博覧会」に対し格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、この度日本政府観光局及び複数の県と市観光局が「第7回マカオ国際旅行(産業)博覧会」への出展を決定し、ブース面積が576平方メートルになります。

日本とマカオとの観光業協力と発展を強化するために、「マカオ国際旅行(産業)博覧会説明会及び旅行業交流会」を下記日程で開催することとなりましたのでご案内申し上げます。詳細は添付のPDFをご覧ください。当日は、マカオ観光業の代表者が出席し、日本観光業の皆様と交流を深めます。

当日のプログラム及びマカオ側出席者名簿を同封しております。

つきましてはご多忙中と存じますが、是非とも代表者2名程のご出席を賜りますようお願い申し上げます。
敬 具

2019年03月12日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年03月12日付け ニュースリリース
フォーブス・トラベルガイド2019ランキング発表  マカオはスパ・レストラン部門で最多の5つ星を獲得!

米国の経済誌フォーブスによる「フォーブス・トラベルガイド2019」のランキングが発表され、
マカオはスパおよびレストランの2部門において世界最多の5つ星を獲得しました。

フォーブスによる5つ星評価は、ランキング全体のわずか20パーセントでしたが、マカオでは、トップクラスに分類される9軒のスパでもっとも多くの5つ星を獲得し、レストラン部門においては、過去最高の17軒が受賞対象となり、ランキング首位の地位を築きました。

バンヤンツリー・マカオ、マンダリン・オリエンタル・マカオ、スタジオ・シティ・マカオのスタータワーでは、ホテル・レストラン・スパすべての部門において栄えある5つ星3冠を獲得しています。また、アルティラ・マカオは4つ、ヌーワ・マカオでは合計5つ、ウィン・マカオおよびウィン・パレスでは合計145つ星を獲得する結果となりました。

ランキングの詳細は、下記のURLをご覧ください。

https://www.forbestravelguide.com/award-winners

2019年02月21日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年02月21日付け ニュースリリース
3月1日(金)から ライターなどの機内持込み規制へ

220日(水)マカオ民航局は新たな航空保安規定を発表、31日(金)から発効となります。飛行機でマカオを出境の際はご注意ください。

規制対象品は下記の通りです。

持込み・機内預け入れともに不可

・ライターおよびマッチ

機内預け入れ対応
縮めた状態で30cm以上の
・セルフィースティック(自撮り棒)
・カメラまたはビデオ用一脚および三脚

フェラーリ展「Ferrari - Under the Skin」 シティ・オブ・ドリームズで開催中

イタリア、イギリスに続いてアジアでは初開催となるフェラーリをテーマにしたエキシビション「Ferrari - Under the Skin」がシティ・オブ・ドリームズに登場しました。70年以上に及ぶフェラーリの歴史、技術、デザインに関する貴重な資料をはじめレーシングカーを含む実車が展示されています。

フェラーリ展「FerrariーUnder the Skin」
期間日時 開催中〜616日(日)11:0020:00
入場料  80パタカ
詳細 https://www.cityofdreamsmacau.com/en/whats-on/ferrari-under-the-skin/index.html

施設休館・休演情報

現在下記施設が休館・休演になっていますのでご注意ください。

世界文化遺産「港務局」
改修作業のため閉館中。再開日未定


・海事博物館
改修作業のため219日(火)から閉館中。再開日未定

・ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター
定期メンテナンスのため212日(火)〜424()休演

2019年2月20日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年2月20日付け ニュースリリース
第7回マカオ国際旅行エキスポ セラー出展者受付開始のご案内

マカオ政府観光局が主催する国際トラベル・マート「マカオ国際旅行エキスポ(Macao International Travel (Industry) EXPO)」。第7回目となる今年の開催は426日(金)〜28日(日)と決定しました。

昨年1024日に香港・マカオ・珠海を結ぶ世界最長の海上橋「港珠澳大橋」の供用が開始され ました。これにより香港国際空港からマカオへのアクセスは大橋部分で約40分と大幅に改善され、 「新生デスティネーション」として大きく注目されています。また、グレーター・ベイ・エリアと 呼ばれる広東省周辺地域への交通利便性も向上し、新たなツアー設定も容易になりました。

「マカオ国際旅行エキスポ」は、インバウンド・アウトバウンドを推進するためのビジネス相乗効果を生み出す機会として大きく期待されています。またマカオの観光資源開発やプロダクトの促進も目的としており、中国をはじめ海外からも多くのバイヤーが参加します。ビジネスマッチングやネットワーキング、新たなプロジェクトの発表のみならず、一般来場者に向けた旅行商品の紹介や直売できるB2Cのプラットフォームとしても活用できるのもこのエキスポ出展の魅力です。

会場は食、宿泊施設、交通、エンターテイメント、観光、ショッピングのカテゴリー別にゾーン分けされ、スペースも11,000㎡から15,000㎡に広げて開催。昨年は日本から鳥取県、関西観光本部、株式会社CHIが出展しました。

出展料金は1ブース(9㎡)あたり2,000米ドル、または1コマ(18㎡)あたり200米ドル。

お申込は所定のフォームを下記リンクよりダウンロードしてご記入の上、info@cmitc.comまで直接お送りください。

各種ダウンロード

パンフレット http://www.cmitc.com/download/cn/招展書.pdf

詳細・申込用紙http://www.cmitc.com/download/cn/參展申請表.pdf

「第7回マカオ国際旅行エキスポ」

開催日 2019426日(金)〜28日(日)

会場 ザ・ヴェネチアン・マカオ コタイ・エキスポ

主催 マカオ政府観光局 (MGTO)

協力・後援 澳門特別行政区政府文化局、澳門貿易投資促進局、澳門中華總商会、澳門街坊聯合總会、澳門工会聯合總会、澳門婦女聯合總会、澳門歸僑總會、澳門旅遊商会、澳門旅遊業議会

詳細 http://www.cmitc.com/en

2019年01月29日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年01月29日付け ニュースリリース
ラスベガスMGMのレジデントショー マカオに登場

MGMコタイは来る3月にヒップホップダンスグループのジャバウォーキーズ(JABBAWOCKEEZ)を迎え、ダンスショー「JABBAWOCKEEZーtrue to yourself」を開催します。ジャバウォーキーズはアメリカMTVの番組「America's Best Dance Crew」のシーズン1で優勝したカリフォルニア州を拠点とするダンスグループで、メンバー全員が白い仮面をかぶってダンスを披露するのが特徴です。このダンスショーはMGMグランド・ラスベガスのレジデントショーで、彼らのマカオ公演はこれが初めてとなります。

MGMシアター「JABBAWOCKEEZーtrue to yourself

期間 201932日(土)〜31日(日)、上演日 水〜日曜日、上演時間未詳

鑑賞料MOP388MOP988

チケットは下記ウェブサイトのほか、MGMマカオ(グランド・プラサ広場)およびMGMシアターの

ボックスオフィスでも購入可。

チケット予約 https://www.mgm.mo/en/cotai/entertainment/jabbawockeez
みんなで投票「マカオ新八景」

マカオ特別行政区政府成立20周年を記念して、中華文化交流協会は「マカオ新八景」投票キャンペーンを開始しました。事前に選定された20の候補からマカオを象徴する8ヶ所を一般投票で選出します。20ヶ所の中には「セナド広場」や「モンテの砦」など世界文化遺産から、港珠澳大橋のような最新スポットまで含まれています。

12歳以上であれば日本からも投票可能で、投票者の中から抽選で賞品がプレゼントされます。

マカオ新八景 投票キャンペーン
期間 〜2019228日(木)
投票 www.new8spots.org.mo

港珠澳大橋 路線バス停留所追加と運行時間延長でアクセス良好に

126日(土)、昨年10月港珠澳大橋の開通と共に運行開始した路線バス101X102Xが一部改定されました。

この改定により、101X路線では世界遺産「カーザ庭園」やパタネ夜警館など歴史的資料館が集まる内港エリア北部へのアクセスが改善されました。

一方、102X路線は運行時間が従来の7時〜23時から6時〜24時に延長。また、ホテル・リスボア周辺から港珠澳大橋マカオ口岸(イミグレーション)へのアクセスは、ホテル・リスボア前に停留所が追加されたことで所要時間が短縮されました。

マカオ交通局路線バス情報

2019年01月18日付け ニュースリリースをダウンロード 2019年01月18日付け ニュースリリース
「マカオ国際ガストロノミー・フォーラム2019」開催 クッキング・ショーに日本人シェフ登場

「マカオ国際ガストロノミー・フォーラム2019」が119日(土)〜21日(月)に開催されます。今年2回目となるこのフォーラムのハイライトは、19日(土)・20日(日)にアニム・アルテ南灣(マカオ半島)で行われる屋外クッキング・ショーで、マカオを含む20のユネスコ食文化創造都市から招かれた30名のシェフが参加します。鶴岡市(山形)の遠藤和彦シェフも鶴岡の食材を活かした創作料理を披露する予定です。

期間中、アニム・アルテ南灣周辺には10のガストロノミー・ブースが設置されるほか、マカオ政府観光局公式マスコットMAK MAKと一緒に写真を撮影したり、料理体験ゲーム「クッキング・ママ」でマカオ料理体験を楽しめるコーナーもあります。またマカオ・ライト・フェスティバルも20日まで会期延長され、夜はイルミネーションで美しく彩られます。

マカオ国際ガストロノミー・フォーラム2019 屋外クッキング・ショー
会場 アニム・アルテ南灣
日時 119日(土)13:0020:00、120日(日)11:0016:00

「春節パレード2019」 日本のしゃんしゃん傘踊りチームも参加

今年の春節(旧正月)は25日(火)〜7日(木)で、10日(日)まで主要観光名所などでパレードやパフォーマンスなどが催されます。今回の春節パレードは、マカオ特別行政区政府成立20周年記念行事として盛大に開催され、食文化創造都市マカオの食と伝統を発信する18台の花車が新年を祝います。

日本からは鳥取県のしゃんしゃん傘踊りチーム「桜道里(オードリー)」が参加。6日(水)10:40から世界遺産「聖ポール天主堂跡」を背景に躍動感あふれる踊りを披露し、翌7日(木)のパレードにも登場します。

マカオ政府観光局主催 春節パレード
27(木)20:0022:00西灣湖広場>孫逸仙大馬路>マカオ科学館21:45春節記念花火(西灣湖広場)
210日(日)20:0021:30沙梨頭北街>青洲大馬路>祐漢市場
ログイン

無料 ユーザー登録をおすすめします
ユーザー登録は旅行会社・メディア関係の方のみ登録できます。一般の方はユーザー登録できませんのでご了承ください。登録後、フォトライブラリーがご利用いただけます。
ログインパスワードをお忘れの場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。ご登録のメールアドレス宛にパスワードを再発行いたします。