ニュースリリース
<旅行業界・メディアの方向け>
マカオ観光局発信の最新情報をご覧いただけます。
リリースはPDFファイルのダウンロードが可能です。
2017年12月14日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年12月14日付け ニュースリリース
「マカオ国際パレード 2017」 12月17日(日)15:00〜18:30
「ラテンシティ・パレード」から名称を新たに開催。今年もマカオ内外の計64団体が参加、聖ポール天主堂跡から西灣湖広場(マカオタワー前)までを、パフォーマンスを繰り広げながら行進します。西灣湖広場到着後は、マカオ特別行政区政府の樹立記念式典が行われます。観賞無料。

なおパレード当日、ルート周辺では交通規制が敷かれますのでご注意ください。

www.icm.gov.mo/macaoparade/7/en/
2017年12月14日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年12月14日付け ニュースリリース
マカオで楽しむクリスマス

●クリスマス・マーケット 
開催日時: 1218日(月)〜31日(日) 14:0023:00(土日のみ〜24:00

マカオ半島のラザロ地区(塔石広場)にクリスマス・マーケットが登場。クリスマス・ギフトや民芸品、

手作りギフト販売のほか、ワークショップや屋台などが並びます。

●クリスマス・キャロル・オン・サイレント・ナイト2017
日時: 1224日(日) 20:0024:00

クリスマス・イブには、世界遺産「イエズス会記念広場」(聖ポール天主堂跡前)でクリスマスを祝福
して賛美歌を歌うイベントが開催されます。

新年カウントダウン イベント情報

●ザ・ヴェネチアン・マカオ カウントダウンイベント

開催日:1231日(日) (時間未定)

会場: 屋外ラグーン・エリア

●ニューイヤー花火(西灣湖・マカオタワー周辺)

日時: 11日(月)0:00

家族旅行におすすめのイベント

「ザ・サウンド・オブ・ミュージック」

会場:ザ・ヴェネチアン・シアター
期間:1220日(水)〜201817日(日)
時間:月〜金 19:30 土日14:0019:30 火曜休演
料金: 288パタカ〜 3歳以下入場不可
チケット購入:
www.cotaiticketing.com

「クレヨンしんちゃん 春日部アドベンチャー」
会場:ブロードウェイ・マカオ
期間:1216日(土)〜2018214日(水)
時間:14:0021:00 (最終入場20:30)
料金:128パタカ〜
チケット購入:
www.macauticket.com

teamLAB「未来の遊園地」
会場:MGMマカオ
期間:2018228日(水)
時間:月〜金13:3022:00 (土日祝10:30〜)
料金:150パタカ
チケット販売:MGMマカオ内グランド・プラサ広場

「きかんしゃトーマスとリトル・ビッグ・クラブ」
会場:サンズ・コタイセントラル
期間:2018331日(土)
・キャラクター・ブレックファスト
時間:毎日9:0010:30
料金:大人238パタカ 子供138パタカ
・ミート&グリート(無料)
時間:毎日11:0015:00
・オールスター・パレード(無料)
時間:毎日16:00

2017年11月17日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年11月17日付け ニュースリリース
「ミシュラン・ガイド2018」ビブグルマン先行発表

1130日(木)「ミシュラン・ガイド 香港マカオ2018」が発売されます。これに先行してビブグルマンのレストラン9軒が発表されました。ビブグルマンとは300パタカ(約4,500円)以下で前菜、メイン、デザートを楽しめるレストランのカテゴリーです。

【広東料理】陳勝記、濠江志記美食、陶陶居、老記 筷子基店

【マカオ料理】IFTエデュケーショナルレストラン

【ポルトガル料理】カスチゾ

【上海料理】鼎泰豐 シティ・オブ・ドリームズ店

【粥・麺】六記粥麺、祥記

guide.michelin.com.hk/en

teamLAB「未来の遊園地」 MGMマカオで開催

121日(金)2018228月(水)、日本のウルトラテクノロジスト集団、teamLAB(チームラボ)が手がける「未来の遊園地」がMGMマカオ2階アートスペースに登場します。

「未来の遊園地」とは、最新のデジタルテクノロジーを使った、共創(共同的で創造的な)体験ができるデジタル知育空間です。 今回のマカオ開催では「光のボールでオーケストラ」「グラフィティネイチャー ー山と谷」「お絵かきタウン」「お絵かきクリスマス」が展示されます。

「未来の遊園地」

期間:121日(金)2018228日(水)

時間:月〜金 13:3022:00 土日祝 10:3022:00

入場料:150パタカ(2歳以下無料)

チケット購入はMGMマカオ内グランド・プラサ広場またはMGM公式ホームページで
www.mgm.mo/en/macau/entertainment/bring-art-to-life

「ザ・サウンド・オブ・ミュージック」 ローカル・キャストで上演

世界的に有名なミュージカル「ザ・サウンド・オブ・ミュージック」が、1220日(水)〜201817日(日)にザ・ヴェネチアン・シアターで上演されます。子役の配役は、マカオと香港で行われたオーディションで選ばれました。

「ザ・サウンド・オブ・ミュージック」  

期間:1220日(水)〜201817日(日)、火曜休演

時間:月〜金 19:30 土日 14:0019:30

1223日(土)は19:30のみ、25()27日(水)は14:0019:00

料金: VIP888パタカ A688パタカ B488パタカ C288パタカ

3歳以下入場不可

チケット購入 www.cotaiticketing.com

2017年11月02日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年11月02日付け ニュースリリース
マカオが「ユネスコ創造都市ネットワーク」食文化分野で認定都市に [2017年11月02日]

1031日(火)、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関、本部:パリ)の「創造都市ネットワーク(UCCN=UNESCO Creative Cities Network)」で、マカオは食文化分野で認定都市に選ばれました。

「ユネスコ創造都市ネットワーク」とは、2004年から始まったプロジェクトで、「文学」「映画」「音楽」「工芸」「デザイン」「メディアアート」「食文化」の創造産業7分野において、世界でも特色ある都市を認定するものです。

今回、食文化分野ではマカオを含む7都市が新たに認定され、18都市から25都市に。マカオは、成都、順徳につづき中国で3番目の食文化都市に登録されました。

食文化はマカオを特徴づける重要な要素の一つです。中国料理、ポルトガル料理だけではなく、400年以上に渡る東西融合を味覚に反映したマカオ料理。加えて、庶民的なローカルグルメからワールドクラスのファイン・ダイニングまで幅広く楽しめるのがマカオの魅力です。

マカオ特別行政区政府は2017年の認定を目標に、2015年からマカオ政府観光局などとともに、官民一体で取り組みを進めてきました。必要な情報を集めるためにUCCN国際会議に出席し、地元の関係者らとの会合を重ねてきました。さらに、準備活動の一環として、マカオの食に関する歴史、文化や、料理などを紹介したウェブサイト「マカオ・ガストロノミー(www.gastronomy.gov.mo)」を開設しました。

この認定により、マカオ特別行政区政府は、マカオで育まれた多彩な食文化の継承と世界へのアピール、食関連産業の活性化を期待しつつ、デスティネーション・マカオの更なる深化・促進をはかります。そしてUCCN認定都市との相互発展に貢献することを目指しています。

今後、マカオ特別行政区政府は認定記念関連イベントをマカオ内外で開催する予定です。

width=537

20171031付け ニュースリリースをダウンロード 20171031付け ニュースリリース
日本からのマカオ訪問者数、7ヶ月連続で増加 1〜9月は対前年比12.1%増

20179月までの日本発訪マカオ旅行者数が発表となりました。19月の累計訪問者数は240,847人、12.1%増加しました。

上半期(16月)は、のべ158,895人がマカオを訪れ、前年比14.6%増加。また今年29月の7ヶ月連続で訪問者数が増加しました。8月には大型の台風13号(国際名HATO)がマカオを直撃しましたが、翌9月に日本からマカオを訪れた旅行者数は30,763人、前年同期比10.8%増でした。

各種統計はマカオ特別行政区統計局のホームページでご覧いただけます。

詳細 www.dsec.gov.mo/home_enus.aspx

マカオ・グランプリに歴代チャンピオンの息子らが登場

1116日(木)〜19日(日)に、マカオ半島南側の公道をサーキットに繰り広げられる「マカオ・グランプリ」が開催され、今年も世界各国のトップレーサーが腕とスピードを競い合います。

今年のFIA F3ワールド・カップには、ペドロ・ピケとミック・シューマッハが登場。それぞれF1ワールドチャンピオン獲得者であるネルソン・ピケとミハエル・シューマッハの息子です。このレースには日本からも2016年全日本F3チャンピオン山下健太や、今季全日本F3F3-Nチャンピオンを獲得したDRAGON(組田龍司)7名の選手が参戦する予定です。

詳細 www.macau.grandprix.gov.mo

12万パタカ以上の持込 11月から申告義務化

111日(水)から、12万パタカ(約180万円)以上の持込には申告が義務付けられます。対象となるのは現金、トラベラーズ・チェック、小切手、為替、約束手形などで、宝石や貴金属は対象外です。また、トランジットの短期滞在者も申告不要。

申告が必要な場合、マカオ入境時に「税関申告あり」の赤色レーンに進み、申告書に記入して提出します。申告もれが発覚した場合、最高50万パタカ(750万円)の罰金が科せられます。なお出境時にも税関職員に持出金額を聞かれることがあります。

問合せ マカオ税関サービスホットライン (853)8989-4317

width=224
2017年10月17日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年10月17日付け ニュースリリース
マカオ政府観光局 マカオ・ファミリーガイド発行のおしらせ

マカオ政府観光局は、ファミリー層の需要喚起を図るため、マカオ・ファミリーガイド「子連れ旅行も3世代旅行もマカオが新定番!」を発行しました。(A5版・24ページ)

世界遺産や統合型リゾート内のプールなど、子供連れで安全に楽しめる施設やアトラクション、料理、交通機関の情報を紹介しています。また34日のモデルプランも掲載しています。

資料のご請求は下記のウェブサイトをご利用ください。(PDFダウンロード版は準備中。)

マカオ政府観光局 資料請求 www.macaotourism.jp/rep/requests.php
width=100

マカオ・ライト・フェスティバル 今年はラザロ・タイパ地区でも開催

マカオ政府観光局は民政總署との共催で、「マカオ・ライト・フェスティバル2017- AMOR MACAU」を123311922時に主要観光スポットで開催します。

世界遺産(セナド広場、聖ポール天主堂跡、聖アントニオ教会)を含む11カ所の観光名所を光で彩り、3Dマッピング、光のインスタレーション、ゲームなどが楽しめます。

会場:
セナド広場、聖ポール天主堂跡、聖アントニオ教会、
聖ラザロ教会、カモンエス公園、旧法院、アニム・アルテ南灣、タイパハウス

ザ・カウントダウン・ホテルに「カウントダウン・クロック」が登場

「シティ・オブ・ドリームズ」のザ・カウントダウン・ホテル(旧ハード・ロック・ホテル・マカオ)に、世界的アーティスト、マールテン・バース氏の作品「カウントダウン・クロック」が登場しました。この作品はホテルの外壁とロビーに展示されています。

バース氏の代表作品「リアルタイム」をシティ・オブ・ドリームズのためにアレンジしたもので、同リゾートの新ホテル「モーフィアス」の開業までの時間をカウントダウンします。時間が表示されたすりガラスのパネルの裏側で数字を書き換える人間のシルエットを見るという仕組みになっています。なお「ザ・カウントダウン・ホテル」の名前での営業は来年331日までです。

width=500

2017年09月20日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年09月20日付け ニュースリリース
「PATAトラベル・マート2017」 1000名を超える出展者がマカオに集結
マカオ政府観光局本局(MGTO)は、今年で40回目を迎えるPATA(太平洋アジア観光協会)のトラベル・マート(913日(水)~15日(金))を開催。世界の60の国と地域から1,000名を超える出展者がマカオに集結し、事前アポイントメント制の商談会を実施しました。

MGTOは隣接する広東省および香港の観光局と共同でブースを出展し、マルチデスティネーション・ツーリズムの促進を図りました。

2017年のPATAゴールド・アワードも発表され、受賞31社のうちマカオの企業ではメルコ・リゾーツとサンズ・チャイナの2社が選出されました。

2018年のPATAトラベル・マートはマレーシア(ランカウイ)で開催の予定です。

www.pata.org/
第36回マカオ国際マラソン エントリーは9月23日から受付開始

「マカオ国際マラソン」(123日)のエントリーが今週末スタートします。一般参加枠は12,000人と昨年の2割増となっています。

フル/ハーフは923日(土)、ミニ(5.5km)は924日(日)、それぞれ現地時間9:00(日本時間10:00)受付開始です。受付は各カテゴリーともに定員に達した時点で終了となります。

エントリーには事前にユーザー登録が必要です。 新規登録される方はすでに受付が始まっています。また以前ユーザー登録をした方は、同じアカウントを継続して利用することが可能です。

www.macaomarathon.com/en/
マカオ・フード・フェスティバルに「日本村」が出現
17回マカオ・フード・フェスティバルが1110日(金)〜26日(日)マカオタワー前の西灣湖広場で開催されます。「美食の新しいアイディアを発見しよう」をテーマのもと、100を超す屋台が出店し、マカオのローカル・フードをはじめ世界各国の料理が楽しめます。

また、一つの国に注目する特別コーナーの今年のテーマは「日本」。日本食を販売する屋台が出店するほか、日本文化のパフォーマンスなどが予定されています。

「第17回マカオ・フード・フェスティバル」
開催:1110日(金)〜26日(日)
会場:西灣湖広場(マカオタワー前)
時間:月〜木曜 17:00〜23:00、金〜日曜 15:0024:00

2017年09月15日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年09月15日付け ニュースリリース
マカオ政府観光局 ツーリズムEXPOジャパン出展情報
マカオ政府観光局は、921日(木)24日(日)に東京ビッグサイトで開催される「ツーリズムEXPOジャパン2017」に出展します(東2ホールL-08)。「楽しさがとまらないマカオ」をテーマに、ブース内では多数のアクティビティをご用意しています。また、22日からは、現在全店で「美食の都 マカオフェア」を開催中のファーストキッチン・ウェンディーズが出店。現地マカオの視察を通して開発されたマカオ風メニューを販売します。
皆様のご来場、心よりお待ちしております。

922日(金) 業界日
商談会(事前アポイントメント制)

今年はサプライヤー・パートナー8社が参加。商談ご希望の方は、ツーリズムEXPOジャパン事務局配信のコンタクト・リストから直接各社とアポイントをお取りください。

【出展サプライヤー 8社(アルファベット順)】

・マカオ航空 日本支社  ・AJハケットマカオタワー ・ギャラクシー・マカオ
・ホテル・グランド・リスボア/ホテル・リスボア  ・SJM&リスボア,グランド・リスボア,回力
・サウスチャイナエクスプレス TKWトラベル&ツアーズ  ・ウィン・マカオ


「楽しさがとまらないマカオ」 アップデート・セミナー 【エッグタルト試食付き】

マカオの魅力であるグルメやエンターテイメント、その他ホテルやイベント情報などをビデオ映像でご紹介します。事前登録は不要です。お気軽にご参加ください。

【旅行業界向け】①13:3014:3015:30 【メディア向け】16:30


923日(土)・24日(日) 一般日

マカオ女子旅トークステージ by LOVETABI

人気インフルエンサーを迎えての女子旅トークステージ。実際に現地取材に行かれた西内ひろさんとはあちゅうさんをゲストに、グルメやフォトジェニックスポットなど女子旅目線でマカオをご紹介いただきます。

23() 14:00-14:30 ゲスト:西内ひろ
24() 14:00-14:30ゲスト:はあちゅう(ブロガー/作家)Remi(LOVETABIプロデューサー)

・「楽しさがとまらないマカオ」BINGO大会および3択クイズ大会

マカオの基本情報や世界遺産、グルメにエンターテイメントなど、誰もが楽しめる魅力を盛り込んだBINGOやクイズ大会を実施します。

23()24日(日) 11:00-16:00正時(23日は17:00にも実施)


詳細スケジュールは会場内パネルでご確認ください

ツーリズムEXPOジャパン2017 http://www.t-expo.jp

2017年09月07日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年09月07日付け ニュースリリース
全国ファストフードチェーン「ファーストキッチン」と初のコラボ 「美食の都 マカオフェア」タイアップキャンペーン実施
マカオ観光局と全国約130店舗を展開する「ファーストキッチン株式会社」(本社:東京都新宿区 代表取締役:柴関修)は、2017914日(木)から1031日(火)まで、全国の「ファーストキッチン」および「ファーストキッチン・ウェンディーズ」にてタイアップキャンペーン「美食の都 マカオフェア」を実施します。

本キャンペーンはファストフードの主な利用者層である女性、サラリーマン、若者やファミリーなどを中心に、マカオの観光情報やそのユニークな食文化についての認知を図ることを目的とし、ファーストキッチン商品開発チームによる現地視察を経て開発されたマカオ風メニュー3品を、全店舗・期間限定で販売します。あわせて期間中、店舗利用レシート2,000円分を集めて応募すると、マカオ航空「マカオ直行便 往復航空券」が抽選で50名にプレゼントされるキャンペーンも実施します。

マカオ観光局では、7月より屋外ビジョンやデジタルサイネージ等を中心に首都圏、大阪、福岡にて大型広告キャンペーンを実施しており、クロスメディア効果による本キャンペーンの盛り上がりとマカオの一層なる認知向上を期待しています。

マカオ観光局Xファーストキッチン
タイアップキャンペーン「美食の都 マカオフェア」
期間:2017914日(木)〜1031日(火)
詳細:http://www.first-kitchen.co.jp詳細ページは914日(木)公開予定

・マカオ風甘旨ローストチキンサンド ¥450
マカオ風クリスピーポークサンド  ¥490922日(金)より発売)
マカオ風甘旨カレー味ポテトMサイズ ¥330

※「ファーストキッチン・ウェンディーズ」では一部販売価格が異なります。
※画像は店頭・店内バナーイメージ  ※価格は全て税込み
width=198width=373

2017年08月30日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年08月30日付け ニュースリリース
マカオ政府観光局 台風13号に関する公式発表③
マカオ政府観光局本局(MGTO)は、去る823日(水)にマカオを直撃した台風13(Typhoon Hato)の被災を受けて、現地旅行会社に対して一時的に団体旅行の受け入れ手配を中止するよう要請していました。その後の再開に関する公式発表が発出されましたので、ご案内いたします。

マカオ政府観光局(MGTO)団体旅行者受け入れ中止要請を92日に解除
(8月
29日付プレスリリース)

829日、マカオ政府観光局本局(MGTO)は、現地の旅行会社およびホテル運営会社の関係者 らを集めた会議を開き、最新の状況や意見の交換を行いました。ヒアリングや復旧状況の報告を踏まえて、MGTOと旅行会社はマカオへの団体旅行者受け入れ中止要請を92()に解除することを決定しました。

今回の台風の被害を受けて、MGTOは当初、現地の復旧にあらゆる努力を集中させることを 第一義として、現地の旅行会社に対してマカオへの本日25日から30日までの期間、一時的に 団体旅行の受け入れ手配を中止するよう要請していました。この会議で、大半のホテルやゲストハウスで水道・電気の供給が復旧し、その他のサービスも正常に戻りつつあることが明らかになりました。また最新の道路状況や受け入れ態勢、また夏休みのピーク期が終了することや、復旧作業に必要な時間を鑑みて、MGTOはマカオへの団体旅行者の受け入れを92日に解除することを決定しました。

MGTOは旅行各社に対し、「観光地マカオ」のイメージを維持する備えができるように安全 に関するガイドラインを作成して配布。また中国国家観光局(CNTA)および深圳・香港の関係各所に92日からの団体旅行者受け入れの再開を伝え、受け入れ再開に向けた協力を求めました。

主要観光施設への損傷はなかった一方で、MGTOは出入境および観光施設にパトロールを配備して、引き続き細心の注意を呼びかけています。

MGTOプレスリリース(原文) https://goo.gl/53Gv8L
2017年08月28日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年08月28日付け ニュースリリース
マカオ観光局 [第29回マカオ国際花火コンテスト]中止のお知らせ

今回マカオを直撃した台風13号(Typhoon Hato)を受けて、マカオ政府観光局本局(MGTO)は「第29回マカオ国際花火コンテスト」開催の中止を発表いたしました。

現在マカオの街では、今回の台風による被害からの復旧・復興に向けた活動が行われています。一方で92日に開幕が予定されていた「マカオ国際花火コンテスト」に関連するインフラや施設にも影響が出ています。同イベントの関係各署は対策を講じていますが、現状を考慮してマカオ政府観光局は「第29回マカオ国際花火コンテスト」の開催中止を正式に発表しました。観賞を予定されていた皆様に於かれましては、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

あわせて、マカオ国際花火コンテストの関連イベント(ファイヤーワークス・カーニバル、トロフィー・デザイン・コンテスト、フォト・コンテスト、絵画コンテスト)も準じて中止となります。

2017年08月25日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年08月25日付け ニュースリリース
マカオ政府観光局 台風13号に関する公式発表② (2017年8月25日18時)

今回マカオを直撃した台風13号(Typhoon Hato)を受けて、マカオ政府観光局のその後の公式発表が出されました。和訳してご案内申し上げます。

マカオ政府観光局(MGTO) 台風13号の影響によるマカオ訪問者現地受け入れに関する緊急通達

マカオ政府観光局本局(MGTO)は、本日(825)今回の大型台風の甚大な被害状況を踏まえて、今後の旅行者の受け入れに関する緊急会議を行い、本日825日より30日までの間、マカオへの渡航の中止を勧告する事と決定いたしました。

現時点で、水道・電力の供給は完全に復旧しておらず、一部の宿泊施設で依然として供給が止まったままの所もあります。台風によって損傷が出た施設や遮断された道路などで、現場の作業員やボランティアは克服すべき大きな課題に直面していますが、街をあげて復旧活動に当たっています。

この状況を踏まえて、MGTOはマカオへの渡航を予定している一般旅行者に対して、最新情報に注意を払い渡航の再検討を呼びかけました。同時にMGTOは今朝、旅行業界関係者との緊急会議を実施。現地の復旧にあらゆる努力を集中させることを第一義として、現地の旅行会社に対してマカオへの本日25日から30日までの期間一時的に団体旅行の受け入れ手配を中止するよう要請しました。

これまでに、MGTOには観光、公共交通機関、ショー鑑賞券の払い戻しなどの問合せが寄せられています。ホテルの料金に関する問合せは寄せられていません。MGTOでは現在ホテルやゲストハウスに対し料金の調査を行っています。MGTOがそれぞれの施設に対して行った調査では、MGTOに公表している料金をはるかに上回る値上げは見られなかったのもの、オンライン予約サイトでは値上げが確認されました。MGTOは調査を続け、規約違反した施設が判明した際にはペナルティを課すこととしています。

リッツ・ビル(セナド広場)、マカオ外港フェリーターミナル、出入境ゲート(關閘)、マカオ国際空港およびタイパ・フェリーターミナルにあるMGTOのツーリスト・インフォメーション・カウンターは通常どおり営業しています。

この先予定されているMGTO主催のイベントについては現在調整中で、9月に予定されていた「マカオ国際花火コンテスト」は中止となりました。詳しい情報が入り次第改めてご案内いたします。

マカオ政府観光局は市民と訪問者に注意を呼びかけています。現地でお困りの際は、オペレーターまたは音声ガイダンスが応対する、ツーリスト・ホットライン2833-300024時間利用可能、日本語対応あり)までご連絡ください。

2017年8月25付け ニュースリリースをダウンロード 2017年8月25付け ニュースリリース
マカオ政府観光局 台風13号に関する公式発表 (2017年8月25日17時)

今回マカオを直撃した台風13号(Typhoon Hato)を受けて、マカオ政府観光局の公式発表が出されました。和訳してご案内申し上げます。

マカオ政府観光局(MGTO)
大型台風対策と宿泊施設料金調査について
(824日付プレスリリース)

マカオ政府観光局(MGTO)は今回の大型台風をうけて、マカオ訪問者への影響を最小限に抑えるべく対策を講じています。

MGTOが各ホテルに対して行った水道・電力の供給、宿泊予約に関する調査で明らかとなった現状は下記の通りです:

調査対象:3〜5つ星デラックスの宿泊施設 (64)
・水道・電力供給のどちらも復旧しているホテル 36
・水道供給のみ復旧しているホテル 1
・電力供給のみ復旧しているホテル 13
・水道・電力供給のどちらも復旧していないホテル 6
・未回答 8

また、ゲストハウスの多くが台風による被害が最も大きかった地域にあるため、そのほとんどで水道・電力供給が復旧しておらず、中には確認が取れていないところもあります。マカオでの宿泊を既に予約済み、またはこれから予約を予定されている方は、まずは直接、宿泊施設に最新情報をご確認ください。

道路が一時閉鎖されているところもあり、街では交通への影響も予想されます。マカオを訪れる方はご注意ください。

本日(824日)計329名の団体旅行者がマカオに到着しましたが、台風の余波は旅程にも影響を及ぼしています。現在MGTOはその対策を講じ、各港にはパトロールを配備して細心の注意を呼びかけています。

これまでに、MGTOには観光、公共交通機関、ショー鑑賞券の払い戻しなどの問合せが寄せられています。ホテルの料金に関する問合せは寄せられていません。

MGTOでは現在ホテルやゲストハウスに対し料金の調査を行っています。MGTOがそれぞれの施設に対して行った調査では、MGTOに公表している料金をはるかに上回る値上げは見られなかったのもの、オンライン予約サイトでは値上げが確認されました。MGTOは調査を続け、規約違反した施設が判明した際にはペナルティを課すこととしています。

リッツ・ビル(セナド広場)、マカオ外港フェリーターミナル、出入境ゲート(關閘)、マカオ国際空港およびタイパ・フェリーターミナルにあるMGTOのツーリスト・インフォメーション・カウンターは通常どおり営業しています。

この先予定されているMGTO主催のイベントについては現在調整中で、変更が生じた際には改めてご案内します。

マカオ政府観光局は市民と訪問者に注意を呼びかけています。現地でお困りの際は、オペレーターまたは音声ガイダンスが応対する、ツーリスト・ホットライン
2833-300024時間利用可能、日本語対応あり)までご連絡ください。

写真:
通常どおり営業するツーリスト・インフォメーション・カウンター
http://industry.macaotourism.gov.mo/image/pressroom/2017082595404-1599f833c8f781b.jpg

マカオ国際空港
http://industry.macaotourism.gov.mo/image/pressroom/2017082595406-1599f833ee4af5b.jpg

2017年08月15日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年08月15日付け ニュースリリース
「ミシュラン・ガイド」ストリート・フード・フェスティバル初開催

「ミシュラン・ガイド香港マカオ版」は初となるストリート・フード・フェスティバルを開催します。会場はスタジオ・シティ・マカオ内の「マカオ・グルメ・ウォーク」で、開催期間は105日(木)から8日(日)までで、入場無料です。

期間中、アジア中のビブグルマンやミシュラン・ガイドがおすすめする有名店の料理を、一皿40パタカ(約600円)から楽しめます。マカオで人気の広東料理や、シンガポールの屋台料理、上海点心などが提供されます。

ミシュラン・ガイド香港マカオ ストリート・フード・フェスティバル
会場 スタジオ・シティ・マカオ内「マカオ・グルメ・ウォーク」
開催期間 105日(木)〜8日(日) 12:0020:00
入場無料

詳細 guide.michelin.com.hk/en/michelinstreetfoodfest2017

MGMマカオ 恒例の「オクトーバーフェスト」を開催

MGMマカオは「オクトーバーフェスト」を1012日(木)から22日(日)まで開催します。本場、ドイツはミュンヘンのオクトーバーフェストの公式ビール「レーベンブロイ」をはじめとするドイツビールや、伝統料理のポークナックル、手作りのプレッツェルなどが提供されます。会場ではアコーディオン奏者による音楽やフォークダンスが披露されるほか、ゲーム・コーナーが設置されています。

1021日(土)11:00から15:00までは、ノンアルコール・ビールなどを用意したファミリー向けの「スペシャル・デイタイム・オクトーバーフェスト」も実施。

MGMマカオ オクトーバーフェスト2017
会場 MGMマカオ内「The Vista II
開催期間 1012日(木)〜22日(日) 13:0020:00
入場料 1170パタカ(スタンダード・ビールまたは他のドリンク1杯付き)
*911日(月)からMGMマカオ1階の「Pastry Bar」前で前売り開始

詳細 www.mgm.mo

パリ「クレイジー・ホース」の海外公演 11月マカオに登場

「ザ・パリジャン・マカオ」のザ・パリジャン・シアターで、111日(水)から12日(木)までパリの老舗キャバレー「クレイジー・ホース」の海外公演「フォーエバー・クレイジー」が上演されます。この秋はマカオを皮切りにワールド・ツアーが計画されています。

フォーエバー・クレイジーは、創業者アラン・ベルナルダン氏へのトリビュート作品で、歴代公演のレパートリーから選りすぐりの作品を集めた構成になっています。

クレイジー・ホース海外公演「フォーエバー・クレイジー」
会場 ザ・パリジャン・マカオ内「ザ・パリジャン・シアター」
公演期間 111日(水)〜12日(木) 月曜休演
時間 火〜金 20:00、土日 20:0023:00
鑑賞料 180パタカ

詳細 www.parisianmacao.com/macau-entertainment.html

2017年07月31日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年07月31日付け ニュースリリース
12万パタカ以上の持込・持出 11月から申告義務化

111日(水)から、12万パタカ(約180万円)以上の持込・持出には申告が義務付けられます。

対象となるのは現金、トラベラーズ・チェック、小切手、為替、約束手形などで、宝石や貴金属は対象外です。また、トランジットの短期滞在者も申告不要。

申告が必要な場合、マカオ出入境時に「税関申告あり」の赤色レーンに進み専用フォームに記入して提出します。

申告もれが発覚した場合、1,000パタカから最高50万パタカ(15千円〜750万円)の罰金が科せられます。

問合せ マカオ税関サービスホットライン (853)8989-4317

7月23日(日)からタクシー運賃改定

723日(日)からタクシー運賃が改定されました。初乗り(最初の1600mまで)は19パタカとなり、その後240mごとに2パタカが加算されます。

タイパ・フェリーターミナルやマカオ国際空港、中国・横琴島のマカオ大学から乗車の際には、従来通り5パタカの追加料金がかかります。

詳細 www.dsat.gov.mo

マカオ航空 日本就航10周年

2007726日、関西国際空港にマカオ航空が就航してから今年で10年を迎えました。これを記念して26日(水)には、関空の出発ゲートでは日本語、英語、広東語で記念のアナウンスを行ったほか、NX855便とNX856便の搭乗者に、ル・ショコラ・デ・フランセとコラボした10周年記念スペシャルパッケージのチョコレートを配布しました。

当初は関空とマカオ間を週2便で運航していたマカオ航空は、2010年に成田、2016年には福岡に就航。現在日本の3都市とマカオを週17便で結んでいます。

詳細 www.airmacau.jp

マカオ国際音楽祭 今年はウィーン・フィルハーモニーが出演

927日(水)から1030日(月)まで、第31回マカオ国際音楽祭が開催されます。今年もマカオ内外のトップ・アーティストによる17プログラム全20公演が予定されています。

グランド・オープニングには、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が出演。イタリアのオペラ作曲家ウンベルト・ジョルダーノの生誕150周年を記念して、代表作「アンドレア・シェニエ」をイタリア・トリノ王立歌劇団と共演します。

チケットは86日(日)より販売開始。813日(日)までの予約には早期割引価格が適用されます。

詳細 www.icm.gov.mo/fimm/31/en/
チケット予約 www.macauticket.com

2017年07月24日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年07月24日付け ニュースリリース
7月より首都圏、大阪、福岡で大型広告キャンペーンを実施中

マカオ観光局では、夏休みも始まり旅行への意識が高まる時期にあわせた大型広告キャンペーンを実施中です。今年度のプロモーション重点地域である首都圏、大阪、福岡の3都市圏の大型ビジョンや主要駅構内デジタルサイネージ、電照式アドトラックなどのOOHを展開。世界遺産やシティ・リゾート、グルメ、イベントなどマカオの魅力をふんだんに盛り込んだ映像・ビジュアルにより「楽しさがとまらないマカオ」の新イメージをお伝えします。

今後、10月には食をテーマにした全国規模のプロモーションも予定しています。

【首都圏】

●渋谷駅前スクランブル交差点 屋外ビジョン4面シンクロ同時放映(721日〜26日)

●成田国際空港 2ターミナルセキュリティチェックセット(71日〜831日)

●渋谷・青山/新宿/東京・銀座・有楽町 アドトラック4tロング(731日〜93日)

JR東京駅 東京中央通路電照デジタルシートセット(828日〜93日)

【大阪】

JR大阪駅 大阪駅NGB1F東西通路デジタルサイネージ30面セット(717日〜30日)

●梅田/心斎橋/難波 アドトラック4tロング(720日〜816日)


【福岡】

●西鉄福岡駅周辺 ソラリアビジョン3基セット(717日〜730日)

JR博多駅
駅構内デジタル10面セット(91日〜930日)
width=677左:成田空港第2ターミナル セキュリティチェック前デジタルサイネージ
中:JR大阪駅構内 デジタルサイネージ30面
右:西鉄福岡駅周辺 ソラリアビジョン3基セット

2017年06月30日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年06月30日付け ニュースリリース
6月30日 「マカオ・ルーズヴェルト・ホテル」タイパ地区にオープン

ハリウッドの「ルーズヴェルト・ホテル」のアジア初進出となる「マカオ・ルーズヴェルト・ホテル」が本日、タイパ地区マカオ競馬場近くにオープンしました。

ハリウッド・ルーズヴェルト・ホテルの魅力とイビザやマイアミのパーティーシーンの賑わいをモダンにアレンジした「マカオ・ルーズヴェルト・ホテル」は5つ星、12階建て。本家の常連だったマリリン・モンローにちなんで名付けられた「マリリン・スイート」を含む全368室で、タイパ地区と珠江を見渡す客室が用意されています。

レストランには3軒がラインナップ。「カサ・ルーズヴェルト」はシガー・バーやワイン・ラウンジとしても利用可能。「25ディグリース」は、ハリウッドのみならず、シンガポールやタイでも人気の正統派ハンバーガーレストランです。

詳細 themacauroosevelt.com

1歳になった双子パンダ 7・8月は毎日公開

マカオで初めて誕生した双子のパンダ「健健・康康(ジャンジャン・カンカン)」が625日(日)に1歳の誕生日を迎えました。2頭ともすくすくと育ち、今では10kgを超えるまでに成長しました。

1歳を機に、78月は休館日を除く毎日(14:3016:30)一般公開されます。

「マカオパンダ館」
開館時間 10:0013:00(最終入館12:45)14:0017:00(最終入館16:45)

月曜休館(祝日の場合は開園、翌火曜休館)
入館料 MOP10

詳細 www.macaupanda.org.mo

「マカオ国際ドキュメンタリー映画祭」に河瀬直美監督が登場

78日(土)に開幕する「第2回マカオ国際ドキュメンタリー映画祭」。期間中にはドキュメンタリー作品の上演や映画制作に関するセミナーが行われ、723日(日)には河瀬直美監督がゲストスピーカーとして登場。「記憶の森」をテーマに河瀬監督が映画制作に対する哲学を語ります。

鑑賞料金は一律60パタカで、現在チケットは映画祭の会場「戀愛・電影館(シネマテーク・パッション)」で販売中。上映スケジュール等の詳細は、下記ホームページをご覧ください。

「マカオ国際ドキュメンタリー映画祭」

期間 201778日(土)〜30日(水)

会場 戀愛・電影館(シネマテーク・パッション)

○河瀬監督セミナー

日時723日(日)14:3016:30

詳細
www.cinematheque-passion.mo

問合 info@moidf.com

2017年06月15日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年06月15日付け ニュースリリース
「第64回マカオ・グランプリ」 観戦チケット予約開始

毎年11月の3週目に開催されるマカオ・グランプリ。今年は1116()19()、マカオ半島南部の公道、一周6.2kmの「ギア・コース」を舞台に、オートバイ、WTCC、フォーミュラ3の世界最高峰のレーサーたちが熱いバトルを展開します。

62()からは観戦チケットの予約が開始されました。予約方法は以下のとおり。

下記URLよりチケット予約フォームをダウンロードして、mgp@kongseng.com.moに送信。

予約:www.macauticket.com

練習走行及び予選: 1116()17()
全席自由 50パタカ

予選及び決勝: 1118()19()
貯水池前スタンド(自由席) 350パタカ
グランド・スタンド(自由席) 550パタカ
リスボア・スタンド(指定席) 900パタカ

「グランプリ博物館」「ワイン博物館」 7月から一時閉館

グランプリ博物館とワイン博物館が71日(土)から一時閉館となります。グランプリ博物館はスペースを拡張し同じ場所で再開。ワイン博物館はコロアン地区への移転が決定しています。

いずれも再開時期は未定です。

ストリート・アーティスト VHILS作品展「DEBRIS 瓦礫」

ポルトガルを代表するストリート・アーティスト、VHILS(本名:アレクサンドル・ファルト)の作品展がネイビーヤードNo.1現代アート・センターなどで開催中です。ドリルや爆薬で削り取った建物の外壁をキャンバスにして制作する大型グラフィックアートが人気で、今回はタイパ・ビレッジの建物を使った作品も登場します。

VHILS展「DEBRIS 瓦礫」
開催期間: 〜115()

会場: ネイビーヤードNo.1現代アート・センター*、タイパ・ビレッジ
*10:0019:00、入場無料、月曜休館

詳細 vhils.com/news/debris-opens-in-macau-on-31-may/

ブルース・リーのトリビュート企画 コタイ・アリーナで一夜限定開催

ブルース・リーの名言を冠した武術ショー「Be Water My Friend(友よ、水になれ)」がコタイ・アリーナで78()の一夜限定で開催。武術家7名がライブ・ミュージックの流れる会場で技を披露します。

これに先駆けて、前日7()からは「世界武術展」も開かれ、世界のマーシャル・アーツのワークショップや、グッズ販売なども行われます。

Be Water, My Friend

日時:78()20:00
鑑賞料:VIP1,680パタカ、A1,280パタカ、B380パタカ、C280パタカ

「世界武術展」

日時:77()14:0023:008()10:0017:00
入場無料

詳細 www.venetianmacao.com

2017年06月01日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年06月01日付け ニュースリリース
タイパ北安(パクオン)フェリーターミナル 本日供用開始

width=500width=500

本日 6 月 1 日(木)、タイパ北安フェリーターミナルがオープンしました。敷地面積は、タイパ臨時フェリーターミナルの 4 倍。80 台を超える出入境カウンターが設けられています。

これまでのタイパ臨時フェリーターミナルでの業務は、本日早朝から新しいターミナルに移行しました。タイパ北安フェリーターミナルと香港(上環、九龍、香港国際空港)を結ぶフェリー運行会社は従来通り「コタイジェット社」と「ターボジェット社」の2社です。

新フェリーターミナルの供用開始に伴い、マカオ港務局はフェリーの出発時間にかかわらず、時間に余裕を持ってフェリーターミナルに到着するよう注意を呼びかけています。

コタイジェット社 www.cotaiwaterjet.com/index.html
ターボジェット社 www.turbojet.com.hk/en/
マカオ港務局 www.marine.gov.mo/

2017年05月31日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年05月31日付け ニュースリリース
ポルトガル料理の名店「アントニオ」 新業態のタパス・レストランをオープン

タイパ地区にあるミシュラン・ガイドおすすめのポルトガル料理店「アントニオ」による、新たなレストラン「タパス・デ・ポルトガル」がオープンしました。民家を改装して作られた同店はアントニオのすぐ隣、1階はバー・スペースで2階がダイニング・フロア、3階はタイパ地区を見渡せるルーフトップ・テラスとなっています。

「バカリャウ・ア・ブラシュ」や「ファリニェイラ・ソーセージのスクランブルエッグ」など伝統的なポルトガル料理を現代風にアレンジしたメニューが並び、オーナーシェフのアントニオ・コエーリョ氏が自らセレクトしたワインやビールが料理をさらに引き立てます。

「タパス・デ・ポルトガル」
所在地 Rua dos Clerigos No.9, Taipa , Macau(「アントニオ」隣)
営業時間 12:00〜翌4:00

詳細
www.taipavillagemacau.com/directory/tapas-de-portugal/

マカオ・ロータス・フラワー・フェスティバル 6月10日に開幕

17回マカオ・ロータス・フラワー・フェスティバルが、610日(土)から18日(日)まで開催されます。期間中、5,000鉢を超えるハスの花がタイパ・ハウスをはじめ、主要な観光名所や公園など全30箇所を彩ります。

同フェスティバルの中心となるタイパ・ハウスでは、610日(土)17時からオープニング・セレモニーが行われます。また18日(日)までは特殊なハスの展覧会も開催。会場では、マカオ特別行政区政府樹立10周年を記念して特別に交配されたハス「濠江碧波」も登場します。

「第17回マカオ・ロータス・フラワー・フェスティバル」
開催期間 610日(土)〜618日(日)
会場   タイパ・ハウス、ロウリムイオック庭園 など全30箇所
詳細   www.iacm.gov.mo/e/default/

「MGMコタイ」 メイン・シェフを発表。中には著名な日系人シェフも

今年第4四半期に開業予定のホテル「MGMコタイ」。その4つのレストランとメイン・シェフが発表されました。シェフはいずれもミシュランやサンペレグリノ社主催のレストラン・ランキングなどの受賞経験者。レストランのラインナップとメイン・シェフは以下のとおりです。

・「Grill56」熟成肉とシーフードのグリル料理(マウロ・コラグレコ氏)

・「Aji日系(和食)フュージョン料理(ミツハル・ツムラ氏)

・「Coast」カリフォルニア・西海岸料理(グラハム・エリオット氏)

・「Janice Wong MGM創作スイーツ(ジャニス・ウォン氏)

2017年05月17日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年05月17日付け ニュースリリース
「マカオ・ツーリズム・エクスチェンジ」開催 商談会には現地52社が参加
2度目の開催となるマカオ・ツーリズム・エクスチェンジ(MTE)が、本日MGMマカオで開催されました。商談会には、日本各地から旅行会社14社とメディア1社が出展し、マカオ現地からは統合型リゾート運営会社やホテル、ランドオペレーター、交通機関などサプライヤー52社が参加しました。
マカオのラッピング・バス 新宿に登場

515日(月)から、新宿駅の東口と西口を結ぶWeBUSで、マカオのラッピング・バスの運行が始まりました。

マカオのラッピングが施されたWeBUSは、9月末まで運行。マカオ観光局は今後、国内主要都市でも交通広告の展開を予定しています。

詳細 www.keio-bus.com/common/images/webus/map.jpg

「ロブション・オ・ドーム」 アジア一のレストランに選出

アメリカのelite traveler誌発表の「世界のレストランTop100」で、ロブション・オ・ドーム(フレンチ)が6位に選ばれ、アジアのレストランとしては見事、最上位を飾りました。

グランド・リスボア・ホテルの最上階にあるロブション・オ・ドーム。ガラス張りのドームの外に広がる眺望とラグジュアリーな内装、そして豊富なメニューとワインリストが、高評価の決め手となりました。

詳細 www.elitetraveler.com/category/top-100-restaurants-in-the-world/2017-results

フランス文化の祭典「ル・フレンチ・メイ」 MGMアートスペースで特別展示「Tres’Or」 9月3日まで開催
毎年5月にマカオと香港で開催されるフランス文化の祭典、ル・フレンチ・メイ。今年もその特別展示がMGMマカオで開催されます。今回のテーマは「TRESOR(金色の宝)」。世界各地の美術館や個人所蔵のコレクションから選ばれた作品150点以上が公開されています。

ル・フレンチ・メイ 特別展示「TRESOR
期間   〜93日(日)
会場   MGMマカオ 2階アートスペース 入場無料
開館時間 12:0021:00 (月曜休館、祝日は開館)

詳細
frenchmay.com/en/home/

2017年04月28日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年04月28日付け ニュースリリース
日本からのマカオ訪問者数、2ヶ月連続で増加 第1四半期増加率は15.4%増

2017年第1四半期(1月から3月まで)の日本発訪マカオ旅行者数が発表となり、2月と3月は2ヶ月連続で訪問者数が増加しました。この期間に日本からマカオを訪れた旅行者数は前年同期比15.4%増の合計85,994人。市場全体のマカオ訪問者数は7,872,461人で、昨年同期より5.6%増となりました。

各種統計はマカオ特別行政区統計局のホームページでご覧いただけます。

詳細 www.dsec.gov.mo/home_enus.aspx

マカオ航空福岡便 発着時間変更
510日(水)から、マカオ航空福岡路線の発着時間が変更されます。
width=495
また福岡空港のチェックインカウンターも、CかBに変更となります。

詳細
www.airmacau.jp/news/170417.html
第28回マカオ芸術祭 4月28日開幕
2017428日(金)から531日(水)まで、マカオ文化センターを中心に11の会場で開催、世界遺産「ドン・ペドロ5世劇場」も会場の一つです。今年は「ヘテロトピア」をテーマにした作品が展示、上演されます。

マカオ内外のアーティスト25組が集結、日本からはダンサーでビジュアル・アーティストの梅田宏明さんと、二階堂瞳子さん率いる「劇団革命アイドル爆走ちゃん」が参加します。

「第28回マカオ芸術祭」

期間 2017428日(金)〜531日(水)

会場 世界遺産「ドン・ペドロ5世劇場」含む全11会場

詳細 www.icm.gov.mo/fam/28/en/
グランプリ博物館とワイン博物館 一時閉館

グランプリ博物館とワイン博物館が71日(土)から一時閉館となります。グランプリ博物館はスペースを拡張し、201811月頃のオープン予定となっています。ワイン博物館はコロアン地区への移転が決定していますが、再オープン時期は未定です。

どちらの博物館も、630日(金)までは通常どおりに開館しています。ワイン博物館では毎週金曜日と土曜日の11:30からポルトガルの大衆音楽「ファド」の無料コンサートが開催されています。

「グランプリ博物館」と「ワイン博物館」

所在地 マカオ半島・旅遊活動センター内
開館時間 どちらも10:0020:00(火曜日休館)

2017年04月14日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年04月14日付け ニュースリリース
キング・オブ・ポップが帰ってくる 「スリラー・ライブ」再演決定
故マイケル・ジャクソン氏のヒット曲で構成されるミュージカル「スリラー・ライブ」。
昨年の上演が人気を博し、
428日(金)からザ・パリジャン・マカオで再演されることが決定しました。
全世界で延べ
400万人を動員。歌にダンス・パフォーマンスに躍動感溢れる人気のミュージカルです。

「スリラー・ライブ」
開催期間 428日(金)〜 93日(日)
会場   ザ・パリジャン・シアター (ザ・パリジャン・マカオ内) 
上演日時 火〜金曜 20:00、土曜 14:00 20:00、日曜 14:00 18:00(上演時間90分)
チケット A席 MOP480B席 MOP280C席 MOP180

詳細
www.parisianmacao.com/macau-entertainment/thriller-live.html

アジア最大級の室内氷像展「マカオ・アイスワールド」 2年ぶりに開催
世界三大氷祭のひとつ、ハルピン氷祭の職人らが手がける氷像展「マカオ・アイスワールド」がザ・ヴェネチアン・マカオ内のコタイ・エキスポで開幕しました。マイナス8度に保たれた会場内には、ドリームワークスの色鮮やかな氷像が展示されています。今回はゲームゾーンや映画コーナーが新たに加わりました。ギフトコーナーではマカオ・アイスワールド限定のドリームワークスのグッズも販売されています。

「マカオ・アイスワールド」
会場   コタイ・エキスポ (ザ・ヴェネチアン・マカオ内)
開催日時
79日(日) 11:0020:00(最終入館19:30
入場料 一人120パタカ(3歳以下入場不可)
詳細
www.cotaiticketing.com
新たな文化の発信地 「戀愛・電影館」がオープン
330日(木)聖ポール天主堂跡近くの戀愛巷に、「戀愛・電影館(シネマテーク・パッション)」が
オープンしました。
毎月、監督やテーマごとの映画を特集したイベントを開催。マカオ初上演となる作品も
紹介され
ます。同施設内には、マカオ映画関連資料や書籍を展示する資料館もあります。

「戀愛・電影館(シネマテーク・パッション)」

開館日時 火〜日曜(月曜休館)10:0023:00(映画資料館は20:00まで)

入館料 60パタカ

詳細 www.icm.gov.mo/en/News/detail/14836
2017年03月29日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年03月29日付け ニュースリリース
「第5回マカオ国際旅行エキスポ2017」 セラー出展者受付開始

マカオ政府観光局が主催する国際トラベル・マート「マカオ国際旅行エキスポ(Macao International Travel (Industry) EXPO)」。第5回目となる今年は77日(金)から9日(日)までの開催が決定しました。

マカオは年間3,000万人以上の旅行者が訪れるアジア有数のシティリゾートであり、インバウンド、アウトバウンドを推進する「マカオ国際旅行エキスポ」はビジネスの相乗効果を生み出す機会として期待されています。またマカオの観光資源開発やプロダクトの促進も目的としており、中国をはじめ海外からも多くのバイヤーが参加します。ビジネスマッチングやネットワーキング、新商品の発表のみならず、一般の来場者に向けた旅行商品の紹介や直売できるB2Cのプラットフォームとしても活用できるのもこのエキスポ出展の魅力です。

マカオ政府観光局が初めて主催を務めた昨年は28の国と地域の370ブースが登場しました。旅行会社や自治体、交通関係各社のほか、特産品や工芸品販売企業やメディアも出展。日本からはマカオ航空の直行便が就航した福岡県や日本政府観光局(JNTO)などが参加しました。

セラー出展申込締切は531日(水)。出展料金は1ブース(9㎡)あたり3,000米ドル
420日(木)までの申込には15%の早期割引が適用されます。詳細はパンフレットをご覧ください。申込用紙は以下リンクよりダウンロードいただき、ご記入の上info@cmitc.comまで直接お送りください。

各種ダウンロード

パンフレット www.sensemacao.jp/pdf/MITE%20_Brochure2017.pdf
申込用紙   www.sensemacao.jp/pdf/MITE_Manual2017.pdf

「第5回マカオ国際旅行エキスポ2017
開催日 201777日(金)〜9日(日)
会場 ザ・ヴェネチアン・マカオDホール
主催 マカオ政府観光局 (MGTO)
協力・後援 中国国家観光局(CNTA)、澳門旅行社協会、澳門中華総商会、澳門街坊連合総会、澳門歸僑總會、
澳門旅遊商会、澳門工会連合総会、澳門婦女連合総会、澳門旅遊業議会

詳細 www.cmitc.com

2017年03月17日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年03月17日付け ニュースリリース
「レジェンド・パレス・マカオ」オープン
2月27日(月)に、マカオで今年初のオープンとなる「レジェンド・パレス・ホテル」がマカオ半島のマカオ・フィッシャーマンズ・ワーフ内に開業しました。モンテカルロをテーマにしたレジェンド・パレス・ホテルは5つ星デラックス、館内には高級広東料理やフレンチなど、全6軒の飲食店があります。

今年はレジェンド・パレス・ホテルを皮切りに、「マカオ・ルーズヴェルト・ホテル」(タイパ)や「MGMコタイ」(コタイ)、「THE 13」(コロアン)のオープンが予定されています。

詳細 www.legendpalace.com.mo
マカオのホテルとレストラン 世界的に高評価

先日、2017年度版の「フォーブス・トラベル・ガイド」(フォーブス誌)と「アジアのベスト・レストランTOP 50」(サンペレグリノ主催)が相次いで発表されました。

2017年度版フォーブス・トラベル・ガイド」では、ザ・リッツ-カールトン・マカオ(ギャラクシー・マカオ内)が5つ星を獲得し、マカオでは合計10軒のホテルが選出され、昨年同様、パリと並んで世界一5つ星ホテルの多い都市の座を守りました。また今年度、ウィン・マカオは館内の6つの施設で、5つ星評価を同時受賞するという快挙を達成しました。

「アジアのベストレストランTOP 50」ではシティ・オブ・ドリームズ内のレストラン2軒が選出。「ジェード・ドラゴン」(広東)が32位、「ザ・テイスティング・ルーム」(フレンチ)が39位にランクイン。どちらも昨年発表されたミシュラン香港・マカオでそれぞれ2つ星を獲得しています。

詳細
www.forbestravelguide.com/about/awardwinners



www.theworlds50best.com/asia/en

マカオ政府観光局主催 第40回PATAトラベル・マート

マカオ政府観光局は、913日(水)から15日(金)までの間、ザ・ヴェネチアン・マカオにてPATA(太平洋アジア観光協会)のトラベル・マートを開催します。

世界60カ国・地域から1,000名を超える出展者がマカオに集結し、事前アポイントメント制の商談会を実施。現在、バイヤー・セラー共に登録受付中で、セラー登録は3月31日(金)までは10%のの早期割引が適用されます。登録締め切りは630日(金)です。

詳細 www.pata.org.event/ptm-2017/

2017年02月21日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年02月21日付け ニュースリリース
「マカオパンダ館」 毎週日曜日に双子の赤ちゃんパンダを一般公開
昨年6月にマカオで初めて生まれた双子の赤ちゃんパンダ、健健(ジャンジャン)と康康(カンカン)が、毎週日曜の1430分から1630分までの間、一般に公開されることになりました。

初めて一般公開された春節期間中には、親子で揃ったパンダ達の愛らしい姿を見ようと1万人近くがマカオパンダ館を訪れました。

「マカオパンダ館」 コロアン・石排灣郊野公園内
開館時間 10:0013:00(最終入館12:45)14:0017:00(最終入館16:45)
月曜休館(祝日の場合は開園、翌火曜休館)
入館料 MOP10

詳細 www.macaupanda.org.mo/e/info/default/aspx
「ポウサダ・デ・サンティアゴ」 3月31日から一時休業
ポウサダ・デ・サンティアゴは、マカオ・ライトレール・トランジットの建設に伴い、331日(金)から一時休業となります。

一時休業は、マカオ・ライトレール・トランジットのマカオ半島側の拠点Barra Transport Complexの建設によるもので、再開は拠点完成予定の2019年以降と計画されています。
マカオ政府観光局 第40回PATAトラベル・マートを主催
マカオ政府観光局は今年で40回目を迎えるPATA(太平洋アジア観光協会)のトラベル・マートを主催。913日(水)から15日(金)までの間、ザ・ヴェネチアン・マカオで開催を予定しています。

世界60カ国・地域から1,000名を超える出展者がマカオに集結し、事前アポイントメント制の商談会を実施。現在、バイヤー・セラー共に登録受付中、締め切りは630日(金)です。

詳細 www.pata.org/event/ptm-2017/
2016年02月09日付け ニュースリリースをダウンロード 2016年02月09日付け ニュースリリース
2017 年のテーマは「エンターテイメント」「ファミリー」「食」 マカオ観光局メディア懇親会

マカオ観光局は、2 月 8 日(水)東京都内でメディア向けのセミナー懇親会を開催し、120 人を超 えるメディア関係者が来場しました。

冒頭、マカオ観光局榊原史博日本代表が 2017 年のマーケティング方針を説明し、今年は「エンタ ーテイメント」「ファミリー」「食」の 3 つを主軸に様々なマーケティング活動を展開する事を 発表しました。

最新情報アップデート・セミナーでは 2017 年以降オープンするホテルの情報をはじめ、ファミリ ー向けプロダクトやエンターテイメント情報を紹介しました。

セミナー後には、今年のメインテーマの一つでもある「食」に焦点を当てた食事懇親会を開催。 アフリカン・チキンやバカリャウのコロッケなど、マカオ・ポルトガル料理をイメージして 作られた料理が並び、参加者と意見交換をしました。

「第 44 回国際雪像コンクール」 マカオチーム初優勝

札幌市で開催中の第 44 回国際雪像コンクールに、マカオチームが 2 年連続で出場しました。2 月 9 日(木)に全作品の審査が終了し、マカオチームの作品「Crane Dance in Spring/春、鶴の舞い」 が見事1位に輝き、初めて優勝を果たしました。

マカオチームの作品は、平和と長寿の象徴である鶴をモチーフに、春の訪れとともに全てが生き生きと して商売が繁盛しますようにという願いが込められています。

2017年01月31日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年01月31日付け ニュースリリース
「世界のトップシティランキング100選」マカオが6位にランクイン

国際市場調査機関「ユーロモニター・インターナショナル(EUROMONITOR INTERNATIONAL)」が「2017年度版世界のトップシティランキング100選(Top 100 City Destination Ranking 2017)」を発表しました。24時間以上滞在する外国人観光客の訪問者数が最も多い上位100都市のランキングを、各国の統計機関発表のデータを元に調査するものです(2014年と2015年のデータで比較)。

上位6位までは昨年度と同様、香港、バンコク、ロンドン、シンガポール、パリに続きマカオがランクイン。マカオの訪問者数は、中国本土からの観光客の減少に伴い、2015年は前年比-1.8%14,307,767人)。

日本の都市のトップは東京で17位(外国人訪問者数:前年比+35.4%)でした。

「ペディキャブ・キャンペーン」今年も続行
マカオの伝統的な交通手段、人力三輪車のペディキャブ。現在では、観光客向けの乗り物として使用されています。ペディキャブ運転手協会では、昨年に引き続き2017年も、無料で写真撮影をしたり、乗車体験ができるキャンペーン「Pedicabs put the Pop in Your Photo!」を続行します。

Pedicabs put the Pop in Your Photo!」キャンペーン

<マカオ半島> ・バラ広場(媽閣廟前) ・観音堂 ・マカオ科学館
<タイパ> ・望德聖母灣街(カルモ教会付近)

写真撮影:11:0013:0014:0016:00
乗車体験:11:0011:2012:0012:20、14:0014:2015:0015:20 (所要時間35分)

「第5回マカオ国際旅行エキスポ2017」 今年は9月7日〜9日に開催

マカオ政府観光局が主催する国際トラベル・マート「マカオ国際旅行エキスポ(Macao International Travel (Industry) EXPO」。第5回目となる今年の開催日が発表となりました。

マカオは年間3000万人以上の旅行者が訪れるアジア有数のシティリゾートであり、インバウンド、アウトバウンドを推進する同イベントはビジネスの相乗効果を生み出す機会として期待されています。また、マカオの観光資源開発やプロダクトの促進も目的としており、中国をはじめ海外からも多くのバイヤーが参加します。昨年は日本からはJNTOや福岡県などが出展しました。

「第5回マカオ国際旅行エキスポ2017

開催日 201797日(木)〜9日(土)

会場  ザ・ヴェネチアン・マカオ

詳細、参加申し込み方法は後日、当ニュースリリースでご案内します。

2017年01月13日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年01月13日付け ニュースリリース
2017年春節パレードと関連イベント

中華圏で盛大に祝賀される春節(旧正月)。今年もマカオ政府観光局主催の春節パレードと関連イベントが予定されています。日本からはYOSAKOIソーランの「新琴似天舞龍神」(札幌)30日(月)の祝賀パレードに参加。前日29日(日)には、聖ポール天主堂跡前でYOSAKOIソーランを披露します(10:4011:00)。


・祝賀パレード
130日(月)20:0022:00 マカオ科学館〜西灣湖広場(マカオタワー前)

24日(土)20:0021:30 マカオ半島北部 沙梨頭北街〜祐漢街市公園

・花車展示
130日(月)22:0024日(土)17:00 西灣湖広場

2
4日(土)22:00212日(日)18:00 塔石広場

・花火
130日(月)21:45〜 マカオタワー前

マカオ訪問者数(2016年11月)大幅に増加 11ヶ月累計の訪問者数も前年同期比6.2%増
2016年11月の日本発訪マカオ旅行者数は34,142人、前年同期比で25.4%と大幅に増加。過去最大の伸び率を記録しました。

111月までの累計は271,139人、前年同期比の6.2%増です。

市場全体のマカオ訪問者数は昨年同月とほぼ同じ2,588,660人に対し、111月までの累計では0.2%増となりました。

各種統計はマカオ特別行政区統計局のホームページでご覧いただけます。

www.dsec.gov.mo/home_enus.aspx

「第16回マカオ・シティ・フリンジ・フェスティバル」 日本から参加の演劇団体は、マカオ人作家の作品を上演

2001年に始まった、世界遺産を含む観光名所などを会場にして開催されるアートの祭典「マカオ・シティ・フリンジ・フェスティバル」。16回目にあたる今年は2017113日(金)から22日(日)まで開催されます。

マカオ内外からアート集団が集結し、ダンスや演劇、音楽などを披露。今年のセレクションは、特に前衛的な芸術を披露する団体が多くなっています。日本からもシアター・カンパニー「シアター・モーメンツ」が参加します。

「第16回マカオ・シティ・フリンジ・フェスティバル」

開催日 2017113日(金)〜22日(日)

会場  世界遺産「聖ポール天主堂跡」「ロバート・ホー・トン図書館」含む全15会場


鑑賞料、会場などの詳細はホームページをご確認ください。

www.macaucityfringe.gov.mo/2017/en/

ログイン

無料 ユーザー登録をおすすめします
ユーザー登録は旅行会社・メディア関係の方のみ登録できます。一般の方はユーザー登録できませんのでご了承ください。登録後、フォトライブラリーがご利用いただけます。
ログインパスワードをお忘れの場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。ご登録のメールアドレス宛にパスワードを再発行いたします。