ニュースリリース
<旅行業界・メディアの方向け>
マカオ観光局発信の最新情報をご覧いただけます。
リリースはPDFファイルのダウンロードが可能です。
2017年11月02日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年11月02日付け ニュースリリース
マカオが「ユネスコ創造都市ネットワーク」食文化分野で認定都市に [2017年11月02日]

1031日(火)、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関、本部:パリ)の「創造都市ネットワーク(UCCN=UNESCO Creative Cities Network)」で、マカオは食文化分野で認定都市に選ばれました。

「ユネスコ創造都市ネットワーク」とは、2004年から始まったプロジェクトで、「文学」「映画」「音楽」「工芸」「デザイン」「メディアアート」「食文化」の創造産業7分野において、世界でも特色ある都市を認定するものです。

今回、食文化分野ではマカオを含む7都市が新たに認定され、18都市から25都市に。マカオは、成都、順徳につづき中国で3番目の食文化都市に登録されました。

食文化はマカオを特徴づける重要な要素の一つです。中国料理、ポルトガル料理だけではなく、400年以上に渡る東西融合を味覚に反映したマカオ料理。加えて、庶民的なローカルグルメからワールドクラスのファイン・ダイニングまで幅広く楽しめるのがマカオの魅力です。

マカオ特別行政区政府は2017年の認定を目標に、2015年からマカオ政府観光局などとともに、官民一体で取り組みを進めてきました。必要な情報を集めるためにUCCN国際会議に出席し、地元の関係者らとの会合を重ねてきました。さらに、準備活動の一環として、マカオの食に関する歴史、文化や、料理などを紹介したウェブサイト「マカオ・ガストロノミー(www.gastronomy.gov.mo)」を開設しました。

この認定により、マカオ特別行政区政府は、マカオで育まれた多彩な食文化の継承と世界へのアピール、食関連産業の活性化を期待しつつ、デスティネーション・マカオの更なる深化・促進をはかります。そしてUCCN認定都市との相互発展に貢献することを目指しています。

今後、マカオ特別行政区政府は認定記念関連イベントをマカオ内外で開催する予定です。

width=537

20171031付け ニュースリリースをダウンロード 20171031付け ニュースリリース
日本からのマカオ訪問者数、7ヶ月連続で増加 1〜9月は対前年比12.1%増

20179月までの日本発訪マカオ旅行者数が発表となりました。19月の累計訪問者数は240,847人、12.1%増加しました。

上半期(16月)は、のべ158,895人がマカオを訪れ、前年比14.6%増加。また今年29月の7ヶ月連続で訪問者数が増加しました。8月には大型の台風13号(国際名HATO)がマカオを直撃しましたが、翌9月に日本からマカオを訪れた旅行者数は30,763人、前年同期比10.8%増でした。

各種統計はマカオ特別行政区統計局のホームページでご覧いただけます。

詳細 www.dsec.gov.mo/home_enus.aspx

マカオ・グランプリに歴代チャンピオンの息子らが登場

1116日(木)〜19日(日)に、マカオ半島南側の公道をサーキットに繰り広げられる「マカオ・グランプリ」が開催され、今年も世界各国のトップレーサーが腕とスピードを競い合います。

今年のFIA F3ワールド・カップには、ペドロ・ピケとミック・シューマッハが登場。それぞれF1ワールドチャンピオン獲得者であるネルソン・ピケとミハエル・シューマッハの息子です。このレースには日本からも2016年全日本F3チャンピオン山下健太や、今季全日本F3F3-Nチャンピオンを獲得したDRAGON(組田龍司)7名の選手が参戦する予定です。

詳細 www.macau.grandprix.gov.mo

12万パタカ以上の持込 11月から申告義務化

111日(水)から、12万パタカ(約180万円)以上の持込には申告が義務付けられます。対象となるのは現金、トラベラーズ・チェック、小切手、為替、約束手形などで、宝石や貴金属は対象外です。また、トランジットの短期滞在者も申告不要。

申告が必要な場合、マカオ入境時に「税関申告あり」の赤色レーンに進み、申告書に記入して提出します。申告もれが発覚した場合、最高50万パタカ(750万円)の罰金が科せられます。なお出境時にも税関職員に持出金額を聞かれることがあります。

問合せ マカオ税関サービスホットライン (853)8989-4317

width=224
2017年10月17日付け ニュースリリースをダウンロード 2017年10月17日付け ニュースリリース
マカオ政府観光局 マカオ・ファミリーガイド発行のおしらせ

マカオ政府観光局は、ファミリー層の需要喚起を図るため、マカオ・ファミリーガイド「子連れ旅行も3世代旅行もマカオが新定番!」を発行しました。(A5版・24ページ)

世界遺産や統合型リゾート内のプールなど、子供連れで安全に楽しめる施設やアトラクション、料理、交通機関の情報を紹介しています。また34日のモデルプランも掲載しています。

資料のご請求は下記のウェブサイトをご利用ください。(PDFダウンロード版は準備中。)

マカオ政府観光局 資料請求 www.macaotourism.jp/rep/requests.php
width=100

マカオ・ライト・フェスティバル 今年はラザロ・タイパ地区でも開催

マカオ政府観光局は民政總署との共催で、「マカオ・ライト・フェスティバル2017- AMOR MACAU」を123311922時に主要観光スポットで開催します。

世界遺産(セナド広場、聖ポール天主堂跡、聖アントニオ教会)を含む11カ所の観光名所を光で彩り、3Dマッピング、光のインスタレーション、ゲームなどが楽しめます。

会場:
セナド広場、聖ポール天主堂跡、聖アントニオ教会、
聖ラザロ教会、カモンエス公園、旧法院、アニム・アルテ南灣、タイパハウス

ザ・カウントダウン・ホテルに「カウントダウン・クロック」が登場

「シティ・オブ・ドリームズ」のザ・カウントダウン・ホテル(旧ハード・ロック・ホテル・マカオ)に、世界的アーティスト、マールテン・バース氏の作品「カウントダウン・クロック」が登場しました。この作品はホテルの外壁とロビーに展示されています。

バース氏の代表作品「リアルタイム」をシティ・オブ・ドリームズのためにアレンジしたもので、同リゾートの新ホテル「モーフィアス」の開業までの時間をカウントダウンします。時間が表示されたすりガラスのパネルの裏側で数字を書き換える人間のシルエットを見るという仕組みになっています。なお「ザ・カウントダウン・ホテル」の名前での営業は来年331日までです。

width=500

ログイン

無料 ユーザー登録をおすすめします
ユーザー登録は旅行会社・メディア関係の方のみ登録できます。一般の方はユーザー登録できませんのでご了承ください。登録後、フォトライブラリーがご利用いただけます。
ログインパスワードをお忘れの場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。ご登録のメールアドレス宛にパスワードを再発行いたします。